内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  アルコール健康障害対策

アルコール健康障害対策内閣府-共生社会政策

お酒は私たちの生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、不適切な飲酒はアルコール健康障害の原因となります。更に、アルコール健康障害は、本人の健康の問題であるのみならず、飲酒運転、暴力、虐待、自殺などの様々な問題にも密接に関連します。
これに鑑み、平成25年12月に「アルコール健康障害対策基本法」が成立し、平成26年6月に施行されました。また、基本法に基づき、平成28年5月に「アルコール健康障害対策推進基本計画」を策定いたしました。今後も、アルコール健康障害対策を総合的かつ計画的に推進していきます。

新着情報

2016年5月31日
アルコール健康障害対策推進基本計画の策定について
2016年5月31日
アルコール健康障害対策推進基本計画案に関する意見募集の結果について

アルコール健康障害対策基本法

アルコール健康障害対策推進基本計画について New!

アルコール健康障害対策関係者会議

アルコール関連問題啓発週間

アルコール健康障害対策基本法では、国民の間に広くアルコール関連問題に関する関心と理解を深めるため、11月10日から16日までをアルコール関連問題啓発週間と定めています。

関係府省庁におけるアルコール関連施策の概要 New!

リンク・資料

【関係省庁等のページ】

【専門医療施設、自治体、自助団体の相談先】

【民間団体】

【資料・文献】

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)