内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  アルコール健康障害対策  >  家族やまわりの人のためのページ─身近な人のお酒の問題でお困りの方へ

家族やまわりの人のためのページ─身近な人のお酒の問題でお困りの方へ

このサイトにおこしくださり、ありがとうございます

大変な状況の中で、たくさん頑張ってこられたと思います。
ネット検索や相談を考えていることは、お酒の問題から回復する第一歩をふみだされています。このページでは、お酒の問題の基礎知識と相談先、相談するときのヒントを紹介しています。少しずつ元気を取り戻していきましょう。

*イラストは、妻が夫のお酒の問題に困っている設定です。実際にはいろいろな場合があり、困りごとや対応も異なります。ご自身の場合に置きかえて、取り入れやすいことを見つけてください。

お酒にまつわるこんなこと、ありませんか?

体の病気やケガ 飲酒運転 暴言、暴力 家事や育児ができない うつ、不眠... 遅刻や欠勤 仕事への影響 経済的な問題 家庭の不仲 ブラックアウト

*「アルコール依存症」という病気がかくれているかもしれません

アルコール依存症とは...?

アルコール依存症は病気です 回復の希望のある病気です

・飲酒のコントロールができなくなる病気です
・性格の問題や、意志が弱いからなるわけではありません
 職業や性別にかかわらず、だれでもなる可能性があります
・日本で100 万人以上の病気の人がいると推計されている
 どこにでもある病気です
・家族や、まわりの人をまきこみやすい病気です

今あなたが知りたいことは?

相談先
3.病気について
4.かかわり方について
*内閣府からのお知らせ

内閣府では、アルコール健康障害対策推進基本計画の策定に向け、アルコール健康障害対策関係者会議を開催し、議論を進めています。
アルコール健康障害対策関係者会議のページへ

緊急時の連絡先 ・警察110 ・救急119 ・DV 相談ナビ(パートナー間の暴力)(お住まいの地域の相談先を案内します)0570-0-55210 24時間 ・児童相談所全国共通ダイヤル 0570-064-000 24時間
6.相談先一覧+相談のヒント 保健所 精神保健福祉センター 専門医療機関 自助グループなど 家族だけで相談できる場所があります
7.支援の流れと制度 専門医療機関、自助グループでの回復支援など

このページについて

「身近な人のお酒の問題でお困りの方へ」 ver.1 2015.3
コンテンツ制作:プルスアルハ http://pulusualuha.p2.bindsite.jp/
イラスト:細尾ちあき[プルスアルハ]
制作協力(Q&A ほか):岡崎直人[さいたま市こころの健康センター所長]
本文監修・協力:成瀬暢也[埼玉県立精神医療センター副病院長]
デザイン協力:木村百合子

参考図書:「ボクのことわすれちゃったの?─お父さんはアルコール依存症─(家族のこころの病気を
 子どもに伝える絵本4」, プルスアルハ著, ゆまに書房,2014 (イラスト、内容を一部引用)

リンクについて

本サイトはリンクフリーです。
リンクの際の注意事項は、このサイトについてをご覧ください。

バナー

リンクの際はバナーをご利用ください。
【ダウンロード】
アルコール依存症啓発サイト・バナー一覧
【リンク設定URL】
http://www8.cao.go.jp/alcohol/mijika

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)