アルコール依存症は病気
アルコールには「依存性」があり、脳に作用することがわかっています。飲み続けることで、身体と精神の依存が形成され、自分で飲酒をコントロールすることができなくなります。単に好きでのんでいる、意志が弱い、のではない、病気のメカニズムが働いています。
どんな問題がおきるの?
  • 身体的問題:合併症(肝臓、脳、すい臓、胃、食道など)、事故によるケガ
  • 精神症状:イライラ、不眠、うつ、幻覚や妄想
  • 社会的問題:仕事への支障、人間関係のトラブル、飲酒運転、借金、社会からの孤立、自殺との関連
  • 家庭での問題:家庭内の不仲、暴言暴力、育児や家事への支障、子どもへの影響   など
回復できる病気
どのタイミングでも、アルコール依存症からの回復の道を歩きはじめるチャンスがあります。
まわりの人が無理矢理、本人を変えることはできませんが、まわりの人が対応を変えることは、本人の回復の助けとなります。
本人の飲酒がすぐにとまらなくても、家族が健康的な生活を送る(家族が回復する)ことはできます。
回復の助けになるものは?
  • お酒抜きの仲間
    自助グループ/リハビリ施設
  • 専門医療機関
  • 相談機関、制度やサービス
  • 新しい生活習慣、考え方や対処法
  • 家族や知人
  • 希望、安心できる居場所 など
*「お酒のせいで、生活に明らかに
 問題がでているのに、それでも
 お酒をへらせない、やめられない」
 ときには、依存症がうたがわれます
*さまざまな問題が起こり
 病気が進行していきます

*回復には時間がかかります。
 いろんな道すじがあります。
 きっかけになることも
 人それぞれです。
*飲酒をコントロールできなくなる
 病気ですので、断酒(お酒を全く
 飲まないこと)が基本になります。
*多くの方が、回復過程で再飲酒を
 経験します。
*回復とは?
 「お酒をやめてよかったと思える」
 「酔うことを必要とせずに幸せな生活を送る」
 など、ひとりひとりの回復があります。
チェックリストをやってみる 「久里浜式アルコール症スクリーニングテスト」のページへ(久里浜医療センターHP 内)
家族のきもちいろいろ
・どうしたらいいのかわからない  ・なんとか健康になってほしい
・疲れた  ・悲しい  ・はずかしい  ・こわい
・知られたくない  ・言えない  
・自分のせい?  ・私がなんとかしないと...
・なんでこんなになるまで飲むの?  ・しにたい、はなれたい ・・・・

本人へのこれまでのかかわり方で、なんだかうまくいかないと感じているなら... ...別のかかわり方も見つけてみませんか

家族が仲間をもち家族から元気に ひとりだけでかかえずにだれかに話してみる 病気について勉強する別のかかわりを試してみる ほっとできる時間やはなれる時間をみつける
*さまざまな苦労の中で傷ついたご家族の方は、ご自身をねぎらい、元気を取り戻すことにも、
 少し意識をむけられるとよいと思います。そのように方向転換できると、ふしぎに依存症
 の本人にもいい影響をおよぼすことが多いといわれています。
 本人の回復にいろいろな 道筋があるように、家族の回復もそれぞれです。本人と家族
 とが、別々の回復の道を選ぶこともあります。

かかわり方のヒントABC

A. 病気の考え方や言動には距離をおき、刺激しないようにします

病気の考え方のときにはお酒のことが最優先...

・飲酒しているときはその場を離れる

・飲酒につながる手助けをしない
例)酔って寝た本人の代わりに酒ビンの後片付けをする、
  飲み屋の代金を払う、機嫌が悪くなるので酒の買い
  置きをする、本人のかわりに会社に休みの連絡をする

・飲酒をコントロールしようとしない
例)監視する、無理にとめる、「もう飲まない」という
  誓約書を書かせる、再飲酒を責める

・暴力に対しては身の安全を守る

健康な考え方と病気の考え方を
行ったり来たりしながら、回復の道を歩みます

B. 健康な考え方、回復につながる言動をサポートします

健康な考え方のときの頭の中(例)

・ポジティブなコミュンケーションを取り入れてみる
 (ヒントC を参考に)

・飲酒していないおちついているときに「回復のために
 手伝いたい」ことを伝える

・本人のできていることに注目する
例)「今日お酒を飲まなかった」「自助グループへ行った」
 といった行動を当たり前ととらえずに認める
 手伝ってくれたときには、「手伝ってくれてありがとう」
 など声をかける

C. ポジティブな(肯定的な)コミュニケーションを取り入れてみる

例)
・「あなたが(きのうお酒を飲んで約束を守れなかったのをみて)、私は(かなしい)気持ちでした」
具体的な行動や状況をとりあげます。過去のことまでむし返したり、人格を否定する言い方はしません。
「自分の感情」を簡潔に伝えます。

・「これからは(お酒の買い置きなど)飲酒につながる手助けはしません」
飲酒につながる手助けなど、できないことはできないと本人に伝えます。
伝えたことは実行します。(暴力があるなど怖いときは無理をしません)

・「あなたの身体が心配です、私といっしょに◯◯へ相談に行って欲しいです」
「~しないで」ではなく「~して欲しい」と肯定的な表現で伝えます。
本人を思いやり、回復のために協力したいことを伝えます。

5.Q&A

1)依存症のメカニズム、診断について

2)治療について

3)家族のかかわりについて

4)断酒後の生活に関すること

回答者:岡崎直人[精神保健福祉士/さいたま市こころの健康センター所長/一般社団法人日本アルコール関連問題ソーシャルワーカー協会会長]
6.相談先一覧+相談のヒント 保健所 精神保健福祉センター 専門医療機関 自助グループなど家族だけで相談できる場所があります
7.支援の流れと制度 専門医療機関、自助グループでの回復支援など
8.子どものケアのためのページ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)