5分でわかる最新の科学技術
科学技術基本法
科学技術基本計画
科学技術関係予算
国際的とりくみ
産学官連携
研究開発評価
その他
大臣のメッセージ
大臣記者会見要旨
組織案内
パンフレット
総合科学技術会議トップページへ

再生医療の現状と未来- 1 -

 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 次ページ

再生医療とは

 損傷を受けた生体機能を幹細胞などを用いて復元させる医療

○ 

臓器移植と異なり、ドナー(臓器提供者)不足などを克服できる革新的治療

○ 

従来法では治療困難である疾患・障害に対応可能

○ 

未来の医療の実現に向けて、我が国を含めた世界各国が熾烈な競争


 皆さん、お体の具合は、いかがですか?
薬を飲み続けているが、なかなか良くならない。健康であった、あの頃に戻りたい。この病気さえなければ良いのに。そんな願望はありませんか?

 今回は、従来では治療が困難である様々な疾患についても対応が可能になると考えられている「再生医療」について紹介します。

 「再生医療」とは、いろいろな理由で損傷を受けた生体の機能を、幹細胞などを用いて復元させる医療です。再生医療は、臓器移植等とは異なり、ドナーの不足などという問題を克服できる非常に革新的な医療です。
未来の医療として位置付けられて、世界各国が熾烈な競争を展開してる再生医療について最先端の技術を見てみましょう。

内閣府  科学技術政策・イノベーション担当
ウェブサイト・アクセシビリティについて個人情報保護方針について
東京都千代田区霞が関3-1-1 中央合同庁舎第4号館 TEL:03-5253-2111(代表)
(C) Bureau of Science,Technology and Innovation Policy,Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.