第29回総合科学技術・イノベーション会議 写真・概要【平成29年4月21日】


鶴保大臣による政府研究開発投資拡大に向けての説明


第29回総合科学技術・イノベーション会議の様子


榊原経団連会長による民間研究開発投資に関する説明


安部総理の挨拶


平成29年4月21日、総理官邸において、第29回総合科学技術・イノベーション会議が開催されました。会議では、「官民研究開発投資拡大プログラムに係るターゲット領域及び推進体制」、「科学技術イノベーション総合戦略2017の検討状況」、「国家的に重要な研究開発の評価」、「Society 5.0の推進と政府研究開発投資目標の達成に向けて」に関して議論が行われました。

鶴保大臣は、政府研究開発投資拡大に向けて、総合科学技術・イノベーション会議が予算編成過程において財務省としっかり連携していくことで、年末の予算政府案において対GDP比1%を目指した所要の予算確保に努めることとし、平成32年度までの3年間で約9000億円の増額達成に向けて関係閣僚の協力をお願いしました。

これに対して、経済界を代表し榊原経団連会長から、政府の取組に合わせ、民間の研究開発投資の対GDP比3%を目指し、産業界も協力する旨を力強い宣言がなされました。

総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。「本日、政府の研究開発投資を、経済・財政再生計画との整合性を確保しつつ、対GDP比の1%とするとの目標を達成する具体的な道筋を決定しました。 第5期科学技術基本計画の期間中に確実に達成できるよう、関係閣僚は本日の決定に従って研究開発投資を拡大するよう、努力してください。政府の研究開発については、民間投資の誘発効果が高く、財政効率化にも資すると考えられるターゲット領域を決めました。来年度は、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)を着実に進めるとともに、これら領域への投資を促す推進費を創設する方針です。
榊原経団連会長には、政府の取組に合わせ、民間研究開発投資の対GDP比3%を目指し産業界も努力する旨、力強く宣言いただきました。官民が一致協力して、日本全体で研究開発投資の対GDP比4%という世界最高レベルの水準を目指します。これにより、日本を世界で最も研究環境が充実し、イノベーションに適した国としていきたいと思います。」

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)