内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 新着情報一覧 > 沖縄県の離島におけるバス自動運転実証実験について

沖縄県の離島におけるバス自動運転実証実験について

プレスリリース
平成29年3月3日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
沖縄振興局

 平成29年度に沖縄県の離島でバス自動運転の実証実験を実施することとし、その実施協力者となっていただける市町村を募集いたします。

政府においては、今後の自動運転時代の到来に向け、関係府省庁が連携し、産官学連携による自動運転技術の開発、実証実験の推進等に取り組んでいます。
このような中、内閣府では、交通環境の改善が求められる沖縄において自動運転技術の早期の社会実装を推進していくため、科学技術・イノベーション担当部局と沖縄担当部局が協力して、バス自動運転技術に係る実証実験を進めることとしており、まず本年3月に南城市で実施することとしたところです。
平成29年度においても、引き続き、沖縄における自動運転技術を活用したバス事業の活性化等を推進していく観点で、自動運転バスに係る検討調査を実施していくこととし、本年6月を目途に、沖縄県の離島地域でバス交通の実証実験を実施することとしました。
つきましては、本件の実施協力者となっていただける市町村を募集いたします。

募集概要

  1. 公募受付期間
    平成29年3月3日(金)~平成29年3月10日(金)
  2. 応募対象
    沖縄県の離島地域を所管する市町村
  3. 調査内容
    沖縄県内の離島において、公共交通ネットワークの再編・強化を図るため、住民のバス交通サービスに対する潜在的ニーズを把握するとともに、自動運転バスに適した道路構造、道路管理や交通拠点のあり方、自動運転バスの社会的受容性等について調査検討する。検討に当たって、自動運転機能を有した小型バス(11人乗り以上)1台を用いたバス交通の実証実験を2週間程度実施する。

参考資料

問合せ先

政府における自動運転技術の開発、実証実験等の動向について
内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 SIP自動走行システム担当:森下、石黒、杉江
電 話:03-6257-1314(直通)

沖縄の交通環境改善の取組、本実証実験の内容について
内閣府 沖縄振興局振興第一担当参事官室:滝澤、岩本、志良堂
電 話:03-6257-1665(直通)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)