内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 新着情報一覧 > やわらか3Dものづくりアイデアソン(西日本大会)の開催について

やわらか3Dものづくりアイデアソン(西日本大会)の開催について

お知らせ
平成30年10月24日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)革新的設計生産技術で世界で初めて開発した、ゲルやラバーといった柔らかい素材の3D造形技術を活用した、製品やサービスの創出に向けたアイデアソンを開催します。あなたのアイデアと新技術を融合し、社会に新たな価値を創造できるモノやサービスを考えてみませんか?

1.開催趣旨

SIP革新的設計生産技術では、Society5.0時代のものづくりをリードすべく、3Dプリンターに代表される複雑な製品の造形技術や個人に適合したテイラーメイド製品の設計支援技術などの研究開発や技術の実用化に向けたテストユースに取り組んでいます。ここで開発した特徴ある技術を活用することで、社会に新たな価値を提供可能な製品やサービスが創出できるのではないかと考えております。
これらSIP革新的設計生産の成果である技術を、これからのものづくりを支える若手技術者や学生に広く知っていただくとともに、技術を活用した社会に新たな価値を提供可能な製品やサービスについて検討いただく場として、本アイデアソンを実施します。

※1:アイデアとマラソンを掛け合わせた造語で、ある特定のテーマについて多様性のあるメンバーが集まり、対話を通じて新たなアイデアの創出やビジネスモデルの構築などを図る形式のワークショップです。

2.開催概要

日時 平成30年11月23日(金) 15:00~19:00 (受付14時30分~14時50分)

場所 立命館大学 いばらきフューチャープラザ 2F ギャラリー R-AGORA B275・B276 ラーニングスタジオ(大阪府茨木市岩倉町2-150)

対象テーマ

SIP革新的設計生産の成果のうち、特に特徴的な技術であるゲルやラバーといった柔らかい素材の3D造形技術を対象とし、これら技術を用いた製品やサービスについてアイデア出しを行います。詳細な技術内容については当日事前説明を行い、より具体的な検討内容について当日発表いたしますので、事前知識や事前検討などの準備は不要です。

応募資格

18歳以上の学生、社会人ならどなたでも応募可能です。特に、新技術やものづくりに興味がある方、新たな価値の創造に興味がある方の積極的な応募をお願いいたします。

定員

40名程度。申込み多数の場合には、先着順とさせていただきます。
当日は、3名/チーム(事務局にてチーム分けを実施)にてアイデアの創出を行います。

3.応募方法

(1)事前登録制です。以下のウェブサイトからお申込みください。(受付〆切:11月22日12:00)

(2)参加費用:無料。交流会に参加される方は、交流会費用として参加費 (社会人:3,000円、学生1,000円)をいただきます。

本件に関する問合せ先

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付
SIP革新的設計生産技術担当(龍))
電 話:03-6257-1334(直通)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)