内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 科学技術政策 > 新着情報一覧 > 沖縄におけるバス自動運転実証実験の事前走行実施について

沖縄におけるバス自動運転実証実験の事前走行実施について


平成30年10月31日
政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
プレスリリース

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「自動走行システム」では、沖縄県での今年度のバス自動運転実証実験に向けた事前走行を11月3日(土)から開始することとなりましたので、お知らせします。

1.これまでの取組状況

SIP自動走行システムでは、平成26年度から、自動運転技術を公共バスに適用することにより、高齢者やその他の交通制約者にも利用しやすく、定時性、速達性、安全・快適性等に優れた次世代都市交通システム「ART(Advanced Rapid Transit)」の研究開発を進めています。

SIP自動走行システムでは、平成26年度から、自動運転技術を公共バスに適用することにより、高齢者やその他の交通制約者にも利用しやすく、定時性、速達性、安全・快適性等に優れた次世代都市交通システム「ART(Advanced Rapid Transit)」の研究開発を進めています。

2.今回の実験の概要

今回の事前走行の概要は以下の通りです。なお、1月中旬以降の調整・試験、実証走行に関する詳細な日程、実施内容等は、改めてお知らせします。

1) 実施時期(予定を含む)

  • 11月3日(土)~11月16日(金)  事前走行によるデータ取得
  • 1月中旬ごろ(調整中)  調整・試験
  • 2月下旬以降(調整中)   実証走行

2) 事前走行エリア

     沖縄県那覇市及び豊見城市間の幹線道路を中心としたエリア

3) 走行する実験車両

  • 車種:大型路線バス「日野ブルーリボンシティ」
  • 乗客座席数:20人
  • 全長:1053×全幅:249×全高:329cm
  • 床形状:ノンステップ

走行する実験車両

問合せ先

自動運転技術の実証について
内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 SIP自動走行システム担当(古賀、杉江、畑崎)
電 話:03-6257-1314(直通)

沖縄における道路渋滞の改善及びOkinawa-ARTの検討について
内閣府 沖縄振興局 振興第一担当参事官室(樋口、普天間)
電 話:03-6257-1665(直通)
内閣府 沖縄総合事務局 開発建設部 道路建設課(大城、新垣、目取眞)
電 話:098-866-1914(直通)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)