内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 総合科学技術・イノベーション会議 > 専門調査会・懇談会等

専門調査会・懇談会等

専門調査会

 総合科学技術・イノベーション会議には、重要事項に関する専門的な知見を迅速に探るため、総合科学技術・イノベーション会議(本会議)の下に専門調査会が設置されています。本会議は原則として月1回、各専門調査会は適宜開催されています。

※平成24年1月6日~3月6日、平成25年1月5日~2月28日の両期間、有識者議員の後任人事が決定されていなかったために総合科学技術会議は法令上の開催要件を満たしていませんでした。この間、内閣府として科学技術イノベーション政策上必要な検討を行うに際して、総合科学技術会議有識者議員、専門委員の協力を得るため、懇談会を設置し、開催していました。
 各懇談会のページ ([科学技術政策]-[その他]-[科学技術イノベーション政策推進専門懇談会等]

経済社会・科学技術イノベーション活性化委員会 (平成28年6月~)

日本経済の力強い再生を目指し、科学技術・イノベーションの一層の活性化、効率化と、経済社会と科学技術・イノベーションの有機的連携の強化を図るため、
官民をあげたオールジャパンの視点、分野・領域にとらわれない横断的な視点、制度基盤に踏み込んだ改革の視点から調査・審議を実施

基本計画専門調査会(平成26年12月~)

 科学技術の振興に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、国内外の情勢を踏まえて、科学技術基本計画について調査・検討を実施

科学技術イノベーション政策推進専門調査会(平成23年8月~)

 科学技術イノベーションに適した環境創出及び国際活動及び知的財産の戦略的展開等、横断的に取り組む事項に関する専門的な調査・検討を実施

重要課題専門調査会(平成25年9月~)

 第4期科学技術基本計画で示された課題達成型の政策を確実に推進するため、同計画及び科学技術イノベーション総合戦略に掲げられた当面特に取り組むべき重要な課題並びに今後さらに取り組むべき課題について、より高い専門的知見による調査・検討を実施

評価専門調査会(平成13年1月~)

 競争的な研究環境の実現や効果的・効率的な資源配分のため、研究開発評価に関するルールの整備や国家的に重要な研究開発の評価についての調査・検討を実施

生命倫理専門調査会(平成13年1月~)

 生命科学の急速な発展に対応するため、ヒトES細胞の樹立・使用に関する指針や、特定胚、ヒト胚の取り扱いに関する指針などについての調査・検討を実施

科学技術政策担当大臣等政務三役と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合

その他関連会合等

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)