内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  迎賓館  >  迎賓館の改修に関する懇談会

迎賓館の改修に関する懇談会

目的

 昭和49年の開館から30年以上経過し、建築及び設備の老朽化が著しくなったため、平成18年より3年間に渡り大改修を行ったが、
工芸美術である天井絵画、裂地、シャンデリア、家具・調度品についての修繕は行われておらず、劣化が著しくなっていることから、
今後の改修及び保全計画をまとめるために設置し(平成22年1月迎賓館長決定)(PDF形式:126KB) 別ウインドウで開きます、検討を開始している。

懇談会の構成

[座長]
  藤岡 洋保  迎賓館顧問
             東京工業大学大学院理工学研究科教授(建築学専攻)

[建築意匠]
  安田 幸一  東京工業大学大学院理工学研究科教授(建築学専攻)

[絵画修復]
  木島 隆康  東京藝術大学大学院美術研究科教授(文化財保存学専攻)

[日本近代絵画史]
  山梨 絵美子 独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所企画情報部副部長

[工事・保全]
  国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課長

[運営]
  内閣府迎賓館次長

オブザーバー  文化庁
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)