内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  迎賓館  >  京都迎賓館の「特別開館」について

京都迎賓館の「特別開館」について

京都迎賓館は、日本の歴史・文化を象徴する京都の地に、海外の賓客をお迎えし、日本への理解と友好を深めていただくことを目的に建設された国の迎賓施設です。京都迎賓館では、京都を代表する伝統技能を用いて作り上げられた、 我が国最高の「おもてなし」空間を、国賓、公賓の接遇等に支障のない限り、特別に開放し、体験的にご利用いただき、その魅力を内外に発信していくことを目的として「特別開館」を試験的に実施します。

「特別開館」の利用要件

  • 国の迎賓施設としての性格を踏まえ、首脳外交の舞台となる施設が有するべき品格や非日常空間としての価値を損なわないことが前提となります。
  • また、反社会的勢力の利用、政治的又は宗教的な目的で行う事業等については認められません。
  • このほか、以下のいずれかに該当することが求められます。
    (1)観光立国の推進に資する行事であること。
    (2)我が国の重要施策の推進に資する行事であること。
    (3)経済、社会、学術、文化スポーツ等の分野において我が国を代表するような国際交流活動としての行事であること。
    (4)対日理解の一層の増進や海外への情報発信に資する行事であること。

「特別開館」の利用について

「特別開館」の利用についてご検討されている場合は、申込フォーム別ウインドウで開きますに必要事項を記入の上、送信してください。
利用できない時期もありますし、使い方によって利用料金も異なりますので、先ずはご相談ください。

【担当】
 内閣府迎賓館京都事務所運営課 西牧、羽柴
 電話:075-223-2205
 FAX :075-223-2217

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)