内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  北方対策本部  >  北方対策本部の取組  >  行事・イベント(平成29年度)

行事・イベント(平成29年度)

北方領土特別墓参の実施


北方領土特別墓参の様子

日露首脳会談で合意された航空機による北方領土特別墓参が9月23日及び24日に初めて実施されました。悪天候により日帰りの予定が一泊することとなりましたが、国後島及び択捉島までの移動時間が航空機の利用で大幅に短縮されました。

平成29年度「こども霞が関見学デー」


こども霞が関見学デー当日の様子

平成29年8月2日及び3日に「子ども霞が関見学デー」が開催されました。
中央合同庁舎第8号館1階講堂に北方対策本部のブースを設置し、たくさんの方にお越しいただきました。 また北方領土エリカちゃんも登場し、子どもたちと触れ合ったり、記念撮影等を行って楽しみました。

函館豆記者による総理・大臣政務官表敬及び北方対策本部取材


当日の様子

平成29年8月1日(火)、函館豆記者の小学生14名が、沖縄豆記者と合同で安倍内閣総理大臣、豊田内閣府大臣政務官を表敬訪問するとともに、北方領土問題に関して内閣府北方対策本部への取材活動を行いました。

北方少年による安倍総理大臣表敬

平成29年7月28日(金)、北方少年(北方領土元居住者の3世、4世等の中学生)7名が北方領土安倍総理大臣を表敬訪問し、北方領土への想いを伝えました。 根室市立落石中学校3年生の五十嵐叶さんは「将来日本を支えていく私たち若者がこれから北方領土への思いを伝えていきたい」と語るなど、7名の北方少年がそれぞれの思いを安倍総理に直接伝えました。 安倍総理からは「私は戦後70年たっても日露の間に平和条約が締結されていないことによって、北方領土が日本に返ってきていない状況を何とか変えていかなければならないと、こう思っています。今年もウラジオストクにおいて、プーチン大統領と首脳会談を行うことになっていますが、少しでもこの四島の問題、平和条約交渉の問題について前進するように全力を尽くしていきたい、四島の帰属問題を解決し、平和条約を締結するために、今後、総理大臣として全力を尽くしていきたいと思います。皆さんもどうか皆さんの声を全国の皆さんにも伝えていただくように頑張ってもらいたいと思います。」と北方少年を激励しました。 。


北方少年による表敬の様子(1)

北方少年による表敬の様子(2)

(表敬訪問した北方少年)
五十嵐 叶  根室市立落石中学校
原 梢衣   根室市立啓雲中学校
石山 拓人  根室市立海星中学校
上林 萌栞  別海町立野付中学校
鈴木 蒼斗  中標津町立広陵中学校
小野瀨 柚  標津町立標津中学校
望月 あかり 羅臼町立羅臼中学校

サッポロビール☆道産子感謝Day


「サッポロビール☆道産子感謝Day」に
登場したエリカちゃん

平成28年7月2日(土)・3日(日)の「サッポロビール☆道産子感謝Day」に北方領土のブースを出展し、エリカちゃんも登場しました。
今後も、こういった北方領土問題に関するイベントが全国各地で開催されます。北方領土問題を知るよい機会となりますので、ぜひイベントに参加ください。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)