内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  日本医療研究開発機構・医療情報基盤担当室 等  >  国立研究開発法人日本医療研究開発機構の概要

国立研究開発法人日本医療研究開発機構の概要

  1. 設立日 平成27年4月1日
  2. 組織等
    1. 1 役員
      • 理事長     末松 誠
      • 理事       菱山 豊
      • 監事(非常勤) 間島 進吾
      • 監事(非常勤) 室伏 きみ子
    2. 2 職員数  350名程度
    3. 3 組織図
      国立研究開発法人日本医療研究開発機構は、理事長以下理事がおり、その下に監査室、管理部門である経営企画部、総務部、経理部、支援部門である研究公正・法務部、知的財産部、事業部門である戦略推進部、産学連携部、国際事業部、バイオバンク事業部、臨床研究・治験基盤事業部、創業支援戦略部があります。また理事長直属の組織として、研究・経営評議会及びアドバイザリーボードがあります。組織外に監事がおります。
  3. 目的
    医療分野の研究開発における基礎から実用化までの一貫した研究開発の推進・成果の円滑な実用化及び医療分野の研究開発のための環境の整備を総合的かつ効果的に行うため、健康・医療戦略推進本部が作成する医療分野研究開発推進計画に基づき、医療分野の研究開発及びその環境の整備の実施、助成等の業務を行う。
  4. 予算(平成29年度)
    日本医療研究開発機構向け補助金等                     1,265億円
    調整費(*科学技術イノベーション創造推進費のうち35%を充当)      175億円*
  5. 事業方針
    1. 1 医療に関する研究開発の実施
      • a.プログラムディレクター(PD)、プログラムオフィサー(PO)等を活用したマネジメント機能
        • 医療分野研究開発推進計画に沿った研究の実施、研究動向の把握・調査
        • 優れた基礎研究の成果を臨床研究・産業化につなげる一貫したマネジメント
      • b.適正な研究実施のための監視・管理機能
        • 研究不正防止、倫理・法令・指針遵守のための環境整備、監査機能
    2. 2 臨床研究等の基盤整備
      • a.臨床研究中核病院、早期・探索的臨床試験拠点、橋渡し研究支援拠点の強化・体制整備
      • b.EBMevidence-based medicine)に基づいた予防医療・サービス手法を開発するためのバイオバンク等の整備
    3. 3 産業化へ向けた支援
      • a.知的財産取得に向けた研究機関への支援機能
        • 知財管理、相談窓口、知財取得戦略の立案支援
      • b.実用化に向けた企業連携・連携支援機能
        • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)と連携した有望シーズの出口戦略の策定・助言、企業への情報提供・マッチング
    4. 4 国際戦略の推進
      • 国際共同研究の支援機能
        • 国際動向を踏まえた共同研究の推進、医療分野に係る研究開発を行う海外機関との連携
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)