-
自殺対策 サイトマップ
-

自殺対策トップ睡眠キャンペーン > 眠れないときには

-


眠れないときには

気がかりなことがあったりすると、誰しもなかなか眠りにつけない日があるかと思います。不眠の原因としては、ストレスや病気が背景にあったりする場合もあれば、生活習慣や睡眠環境もあげられます。

睡眠改善のために・・・

 生活習慣を見直す・睡眠環境を整える


 リラックス呼吸法(引用:静岡県精神保健福祉センターホームページ)

「リラックス呼吸法」は、5分くらいの短時間で、ひとりで行える、手軽なリラクセーション法です。寝付けない、あがってしまうなど緊張をうまく解けないときや、疲れがたまっていたり、なんだかいらいらするときなどにお試しください。座っていても、寝ていてもけっこうです。嫌でなければ目を閉じてください。

  1. まず、自分のペースでゆったりと腹式呼吸をします
  2. 心地いいペースで呼吸できてきたら、吐く息に注意を向けます
  3. 息を吐くときに、「体の中にある、疲れ、モヤモヤ、イライラが少しずつ体の外に出て行く」と心の中で唱え、それらがゆっくりと体から出て行く様子をイメージします。
  4. しばらく続けます
  5. 十分だと感じたら、目を開ける準備です。手を閉じたり(グー)、開いたり(パー)します
  6. 手の感覚が普通に戻ってきたら、全身で気持ちよく伸びをしてください
  7. そして、すっきりと目をあけます

* 寝る前でしたら、「5」以降の目をあける準備は省略してください。そのまま、寝てしまって構いません。
* 心地よい音楽を聴きながらやるとより効果的です。
* この呼吸法で不快なことがあったら、無理に続けずに、目を開ける動作を行って終了してください。


参考

▲ このページの上へ

-

自殺対策トップ睡眠キャンペーン > 眠れないときには