4 年齢階級別の自殺の状況

年齢階級別の自殺者数について人口動態によれば(第1−6図)、男性については、昭和30年前後に15〜34歳の階級が、60年前後に35〜54歳の階級が、平成10年以降に45〜64歳の階級がそれぞれ山を形成している。年齢階級ごとにみると、15〜24歳の階級は昭和30年前後に非常に大きな山を形成した後は、大きな変動はみられない。25〜34歳の階級は、昭和30年前後、50年代、平成10年以降に山を形成している。35〜54歳の二つの階級は昭和60年前後と平成10年以降に山を形成し、15年以降、35〜44歳の階級は高止まりを続けているが、45〜54歳の階級は減少傾向である。55〜64歳の階級は、昭和50年代末から増加傾向となって、平成10年に急増し、以後高い状態が続いている。65歳以上の二つの階級は増加傾向で推移し、19年は、65〜74歳の階級は3,088人で前年に比べ308人(11.1%)増加し、75歳以上の階級は2,205人で前年に比べ260人(13.4%)増加している。

女性については、昭和30年前後に15〜34歳の階級が山を形成した後は、男性のような大きな変動はみられない。年齢階級ごとにみると、15〜24歳の階級は昭和30年前後に大きな山を形成した後、減少傾向で推移している。25〜34歳の階級は昭和30年前後にやや小さな山を形成した後、減少傾向で推移したが、平成10年に増加し、そのままの水準で推移している。35歳以上の階級は、昭和50年代までは、ほぼ同水準であるが、60年代以降、75歳以上の階級が最も多い状態が継続している。また、平成19年は、34歳までの階級の自殺者数は減少しており、35歳以上の階級は増加している。特に、35〜44歳の階級は1,173人で前年に比べ73人(6.6%)増加し、55〜64歳の階級は1,616人で前年に比べ105人(6.9%)増加し、65〜74歳の階級は1,492人で前年に比べ137人(10.1%)増加している。

なお、自殺者数が急増した平成10年には、男女とも、前年と比べ全ての階級で自殺者数が増加している。増加した8,261人のうち、男性が6,448人と78.1%を占めており、なかでも、45〜64歳の2階級で全体の約4割、35〜74歳の4階級に広げると約6割を占めており、10年の自殺者数の急増は、中高年男性の自殺者数の増加が主要因であることを示している。

次に、世代別の自殺の状況をみると、青少年の自殺者数は、かつて、昭和30年前後に急増し(第1−6図)、世界的な注目を浴びたが、近年は、自殺者数全体の10%台前半で推移しており、そのうち未成年は2%程度と、ほぼ横ばいで推移している(第1−7図)。

中高年の自殺者数は、昭和58年に急増した後、平成10年に再び急増し、以後、高い水準のまま推移している(第1−6図、第1−8図)。男性、中でも50歳代の増加が著しく、急増後は、中高年で自殺者全体の6割強を占めている。

また、中高年の自殺死亡率をみると、自殺者数と同様に高い水準が続いているが、50歳代の男性では、平成16年以降は低下傾向がみられる。女性は、横ばい傾向にある。

高齢者の自殺者の占める割合は、昭和50年代から平成にかけて緩やかに増加したが(第1−6図)、平成10年以降は、中高年の自殺者の増加により、相対的に減少している。10年以降、高齢者の自殺死亡率は、低下傾向を示しているものの、老年人口の増加により、高齢者の自殺者数は横ばいである(第1−9図)。

[第1-6図] 年齢階級別(10歳階級)の自殺者数の推移
[第1-6図] 年齢階級別(10歳階級)の自殺者数の推移(男)の図
[第1-6図] 年齢階級別(10歳階級)の自殺者数の推移(女)の図

資料:厚生労働省「人口動態統計」

CSVファイル
[第1-7図] 青少年(30歳未満)の自殺者数の推移と自殺者全体に占める割合
[第1-7図] 青少年(30歳未満)の自殺者数の推移と自殺者全体に占める割合の図

資料:厚生労働省「人口動態統計」より内閣府作成

CSVファイル
[第1-8図] 中高年(30〜64歳)の年齢階級別の自殺者数・自殺死亡率の推移
[第1-8図] 中高年(30〜64歳)の年齢階級別の自殺者数・自殺死亡率の推移の図

資料:厚生労働省「人口動態統計」

CSVファイル
[第1-9図] 高齢者(65歳以上)の年齢階級別の自殺者数・自殺死亡率の推移
[第1-9図] 高齢者(65歳以上)の年齢階級別の自殺者数・自殺死亡率の推移の図

資料:厚生労働省「人口動態統計」

CSVファイル