内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  自殺対策  >  自殺対策白書  >  平成26年版自殺対策白書 本文(HTML形式)  >  第1章  >  第1節  >  3 年齢階級別の自殺者数の推移

目次]  [戻る]  [次へ

第1章 自殺の現状

第1節 自殺の現状

3 年齢階級別の自殺者数の推移

年齢階級別の自殺者数の推移について男女別にみると、人口動態統計によれば(第1-6図)、男性については、昭和30年前後に15~34歳の階級が、60年前後に35~54歳の階級が、平成10年以降に45~64歳の階級がそれぞれ大きな山を形成している。女性については、昭和30年前後に15~34歳の階級が山を形成した後は、男性のような大きな変動はみられない。

第1-6図 年齢階級別(10歳階級)の自殺者数の長期的推移
CSVファイル(6KB)別ウインドウで開きます

昭和30年前後は男女とも15~24歳及び25~34歳の階級で自殺者数が増加しており、先述したとおり戦後の社会の価値観の変化や戦時体験の影響とする説もある。60年前後は男性のみが増加しており、中でも35~64歳の働き盛りの中高年世代の自殺者が多く、円高不況が原因という説もある。

平成10年の急増では、特に男性の25~74歳の各階級で大きく自殺者が増加しているが、その後は25~34歳、35~44歳の階級はいったん増加した後、近年では減少しているのに対し、45~54歳の階級は15年を境に大きく減少し、55~64歳の階級も15年から減少傾向にある。また、65~74歳の階級は横ばいである。なお、75歳以上の階級は10年の際にもあまり急増せず、一貫してなだらかに増加している。自殺統計をみると(第1-7図)、近年50歳代は減少傾向にあり、年齢階級の設定が人口動態統計とは違うものの、おおむね同様の傾向を示している。

第1-7図 年齢階級別(10歳階級)の自殺者数の推移
CSVファイル(3KB)別ウインドウで開きます

年齢階級別の自殺死亡率の推移をみると(第1-8図)、全体的には40歳代以上では低下傾向にある。また、20歳未満では平成14年にいったん大きく低下したものの、その後上昇傾向にある。さらに、男女別にみると、男性は、20歳代が10年以前から一貫して上昇していたが、23年以降は低下を続けており、30歳代は15年に更に高まった後、そのまま高止まりしていたが、22年以降は低下している。女性は50歳代以上は低下しており、その他の年代では上昇傾向にあったが、24年には低下している。

第1-8図 年齢階級別の自殺死亡率の推移
CSVファイル(5KB)別ウインドウで開きます

以上より、自殺死亡率は平成10年に急上昇しその後も高止まりしているものの、その要因は「中高年男性の自殺死亡率の上昇」だけで説明できるものではなく、変化があることが分かる。

我が国における若い世代の自殺は深刻な状況にある。年代別の死因順位をみると(第1-9表)、15~39歳の各年代の死因の第1位は自殺となっており、男女別にみると、男性では15~44歳という、学生や社会人として社会を牽引する世代において死因順位の第1位が自殺となっており、女性でも15~34歳の若い世代で死因の第1位が自殺となっている。

第1-9表 平成24年における死因順位別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率・構成割合

総数
年齢階級 第1位 第2位 第3位
死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%)
10~14歳 悪性新生物 111 1.9 21.8 不慮の事故 95 1.6 18.7 自殺 75 1.3 14.7
15~19歳 自殺 510 8.5 37.3 不慮の事故 341 5.7 24.9 悪性新生物 165 2.8 12.1
20~24歳 自殺 1,279 21.0 51.7 不慮の事故 429 7.1 17.3 悪性新生物 172 2.8 6.9
25~29歳 自殺 1,587 23.2 49.5 不慮の事故 416 6.1 13.0 悪性新生物 333 4.9 10.4
30~34歳 自殺 1,587 20.8 39.0 悪性新生物 685 9.0 16.9 不慮の事故 472 6.2 11.6
35~39歳 自殺 1,997 21.5 29.3 悪性新生物 1,537 16.6 22.6 心疾患 684 7.4 10.1
40~44歳 悪性新生物 2,994 32.1 28.9 自殺 2,165 23.2 20.9 心疾患 1,236 13.3 11.9
45~49歳 悪性新生物 4,572 56.6 33.0 自殺 2,216 27.4 16.0 心疾患 1,763 21.8 12.7
50~54歳 悪性新生物 8,192 108.0 39.4 心疾患 2,566 33.8 12.4 自殺 2,274 30.0 10.9
55~59歳 悪性新生物 15,149 192.2 45.6 心疾患 4,103 52.1 12.4 脳血管疾患 2,631 33.4 7.9
60~64歳 悪性新生物 32,875 322.7 48.7 心疾患 8,363 82.1 12.4 脳血管疾患 4,986 48.9 7.4
年齢階級 第1位 第2位 第3位
死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%)
10~14歳 不慮の事故 66 2.2 21.8 悪性新生物 60 2.0 19.8 自殺 55 1.8 18.2
15~19歳 自殺 346 11.3 37.6 不慮の事故 261 8.5 28.4 悪性新生物 98 3.2 10.7
20~24歳 自殺 948 30.4 53.3 不慮の事故 349 11.2 19.6 悪性新生物 103 3.3 5.8
25~29歳 自殺 1,136 32.5 52.1 不慮の事故 311 8.9 14.3 悪性新生物 168 4.8 7.7
30~34歳 自殺 1,108 28.5 41.9 不慮の事故 353 9.1 13.3 悪性新生物 305 7.8 11.5
35~39歳 自殺 1,455 30.9 33.0 悪性新生物 636 13.5 14.4 心疾患 543 11.5 12.3
40~44歳 自殺 1,609 34.0 24.1 悪性新生物 1,268 26.8 19.0 心疾患 979 20.7 14.7
45~49歳 悪性新生物 2,123 52.1 23.5 自殺 1,678 41.2 18.6 心疾患 1,371 33.6 15.2
50~54歳 悪性新生物 4,283 112.7 31.4 心疾患 2,053 54.0 15.1 自殺 1,669 43.9 12.2
55~59歳 悪性新生物 8,974 229.1 39.7 心疾患 3,310 84.5 14.6 脳血管疾患 1,868 47.7 8.3
60~64歳 悪性新生物 21,629 432.8 45.8 心疾患 6,509 130.3 13.8 脳血管疾患 3,558 71.2 7.5
年齢階級 第1位 第2位 第3位
死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%) 死因 死亡数 死亡率 割合(%)
10~14歳 悪性新生物 51 1.8 24.8 不慮の事故 29 1.0 14.1 自殺 20 0.7 9.7
15~19歳 自殺 164 5.6 36.5 不慮の事故 80 2.7 17.8 悪性新生物 67 2.3 14.9
20~24歳 自殺 331 11.2 47.5 不慮の事故 80 2.7 11.5 悪性新生物 69 2.3 9.9
25~29歳 自殺 451 13.4 44.1 悪性新生物 165 4.9 16.1 不慮の事故 105 3.1 10.3
30~34歳 自殺 479 12.8 33.8 悪性新生物 380 10.1 26.8 不慮の事故 119 3.2 8.4
35~39歳 悪性新生物 901 19.8 37.6 自殺 542 11.9 22.6 心疾患 141 3.1 5.9
40~44歳 悪性新生物 1,726 37.6 46.9 自殺 556 12.1 15.1 心疾患 257 5.6 7.0
45~49歳 悪性新生物 2,449 61.1 50.8 自殺 538 13.4 11.2 心疾患 392 9.8 8.1
50~54歳 悪性新生物 3,909 103.3 54.7 自殺 605 16.0 8.5 脳血管疾患 544 14.4 7.6
55~59歳 悪性新生物 6,175 155.7 58.3 心疾患 793 20.0 7.5 脳血管疾患 763 19.2 7.2
60~64歳 悪性新生物 11,246 216.6 55.6 心疾患 1,854 35.7 9.2 脳血管疾患 1,428 27.5 7.1

注意:構成割合は、それぞれの年齢階級別死亡数を100とした場合の割合である。

資料 厚生労働省「人口動態統計」

こうした状況は国際的にみても深刻であり(第1-10図)、15~34歳の若い世代で死因の第1位が自殺となっているのは、先進国では日本のみであり、その死亡率も他の国に比べて高いものとなっている。

第1-10図 先進7カ国の年齢階級別死亡者数及び死亡率(15~34歳、死因の上位3位)

  日本
2009
フランス
2008
ドイツ
2010
カナダ
2004
死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率
第1位 自殺 5,673 20.0 事故 2,372 15.1 事故 2,025 10.7 事故 1,715 19.6
第2位 事故 2,225 7.9 自殺 1,584 10.1 自殺 1,518 8.0 自殺 1,071 12.2
第3位 悪性新生物 1,506 5.3 悪性新生物 1,002 6.4 悪性新生物 1,129 6.0 悪性新生物 517 5.9
  米国
2007
英国
2010
イタリア
2008
韓国(参考)
2009
死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率 死因 死亡者数 死亡率
第1位 事故 31,108 37.4 事故 2,071 12.8 事故 2,320 16.5 自殺 3,391 23.5
第2位 殺人 10,309 12.4 自殺 1,096 6.8 悪性新生物 1,068 7.6 事故 1,837 12.7
第3位 自殺 9,418 11.3 悪性新生物 1,032 6.4 自殺 656 4.7 悪性新生物 976 6.7


CSVファイル(1KB)別ウインドウで開きます

目次]  [戻る]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)