内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  子どもの貧困対策の推進  >  子供の未来応援基金  >  古本を活用した寄付プログラム「こどものみらい古本募金」  >  グループ社内啓発と「こどものみらい古本募金」を連動させて実施(キヤノンマーケティングジャパングループ)

グループ社内啓発と「こどものみらい古本募金」を連動させて実施(キヤノンマーケティングジャパングループ)

開始時期

平成29年4月中旬~

取組概要

こどものみらい古本募金 実施予告1
  • 子供の貧困についてのグループ社内啓発と、こどものみらい古本募金を連動させて実施。
    具体的には、子供の貧困問題に関するコラムとこどものみらい古本募金の取組手順をイントラネットにより毎週配信(全9回)等。
  • コラムでは、公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン(2016年度 子供の未来応援基金採択団体)の代表理事 今井悠介様と特定非営利活動法人夢職人様の御協力により、相対的貧困の現実やその深刻な状況などを解説。
  • 社員は、企業IDが記載された申込書により自宅から、または職場回収の機会に書籍等の寄付を行う。
  • キヤノンマーケティングジャパングループ全体での寄付点数、寄付額を集計(2017年6月11日現在5,078冊)。

詳しくは、キヤノンマーケティングジャパンホームページを御覧ください。

取組を開始したキヤノンマーケティングジャパングループ各社

キヤノンマーケティングジャパン株式会社/キヤノンシステムアンドサポート株式会社/キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社/コマーシャルプリンティングラボ株式会社/キヤノンビズアテンダ株式会社/エーアンドエー株式会社/キヤノンITソリューションズ株式会社/キヤノンソフトウェア株式会社/スーパーストリーム株式会社/クオリサイトテクノロジーズ株式会社/エディフィストラーニング株式会社/キヤノンカスタマーサポート株式会社/キヤノンライフケアソリューションズ株式会社/株式会社エルクエスト/キヤノンITSメディカル株式会社/株式会社AZE/キヤノンビジネスサポート株式会社

御担当者様のコメント

イントラネットに掲載した「子供の貧困を知ろう」シリーズは、
 ・総ページビュー数:21,571ページ※
 ・のべ閲覧者数:15,490名※
を数え、「子供の貧困」に対する社員の注目度の高さが伺えました。
キヤノンMJグループでは、今後も様々な場を通じてグループ内啓発と「子供の貧困」対策の支援につながるような活動を企画していきます。
※2017年6月20日現在

キヤノンマーケティングジャパン(株)
CSR企画推進部 貫井 律

実施の様子1

実施の様子2

実施の様子3
実施の様子(キヤノンMJ 品川本社)

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)