内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  子どもの貧困対策の推進  >  子供の未来応援基金  >  日清食品グループ:CSR活動を通じて子供の貧困対策に貢献

日清食品グループ:CSR活動を通じて子供の貧困対策に貢献

~ グループ従業員参加型CSR活動で基金に寄付 ~ (平成28年11月21日記者公表)

百福士プロジェクト17

 子供の未来応援国民運動推進事務局(内閣府、文部科学省、厚生労働省及び日本財団)においては、いわゆる貧困の連鎖の解消を目指して、国、地方公共団体、民間の企業・団体等による応援ネットワークを形成し、「子供の未来応援国民運動」(以下「国民運動」という。)の広報・啓発を推進するとともに、子供たちを支援するNPO等の民間団体を応援する「子供の未来応援基金」への御協力を企業・団体、個人の皆様にお願いしています。

 この度、日清食品ホールディングス株式会社様が、従業員参加型のCSR活動「百福士(ひゃくふくし)プロジェクト」の第17弾、「快★段★セブンサミット踏破プロジェクト」を通じて、子供の未来応援基金へ協力してくださることになりました。
 日清食品ホールディングス株式会社様は、食は人間の命を支える根幹となるものという創業者である安藤百福(あんどう・ももふく)氏の精神を継いで、飢餓に苦しむ世界の子供たちへの支援や国内での小学生向けの食育支援活動等を続けています。子供の未来応援国民運動へは、「百福士プロジェクト」の第15弾「日清月歩チャリティーWALKプロジェクト」でも協力いただいています。
 いただいた寄付金は、貧困の状況にある子供たちの支援活動に草の根で取り組んでいるNPO等の支援や、地域に子供の居場所となる拠点を整備し、自己肯定感や自己管理能力等、子供の「生きる力」を育むプログラムを提供するモデル拠点事業に使わせていただきます。

 事務局においては、引き続き、官公民の応援ネットワークの形成を推進するとともに、国民運動への御理解・御協力について積極的に呼びかけてまいります。

~ グループ従業員によるチャリティーWALKプロジェクト ~ (平成28年3月31日記者公表)

百福士プロジェクト15

 子供の未来応援国民運動推進事務局(内閣府、文部科学省、厚生労働省及び日本財団)においては、いわゆる貧困の連鎖の解消を目指して、国、地方公共団体、民間の企業・団体等による応援ネットワークを形成し、「子供の未来応援国民運動」(以下「国民運動」という。)の広報・啓発を推進するとともに、子供たちを支援するNPO等の民間団体を応援する「子供の未来応援基金」への御協力を企業・団体、個人の皆様にお願いしています。

 このような中、日清食品ホールディングス株式会社様が、従業員参加型のCSR活動「百福士(ひゃくふくし)プロジェクト」の第15弾として4月11日より実施する、「日清月歩 チャリティーWALKプロジェクト ~月まで毎日9000歩~」を通じて、子供の未来応援基金へ協力してくださることになりました。
 日清食品ホールディングス株式会社様は、食は人間の命を支える根幹となるものという創業者である安藤百福(あんどう・ももふく)氏の精神を継いで、飢餓に苦しむ世界の子供たちへの支援や国内での小学生向けの食育支援活動等を続けています。
 今回、様々な事情により、学びの機会や衣食住が十分でない子供たちを、社会全体で支援していこうという国民運動の趣旨に御賛同いただき、国民運動を通じて貧困を抱えた日本の子供たちを支援することを決定いただきました。
 いただいた寄付金は、貧困の状況にある子供たちの支援活動に草の根で取り組んでいるNPO等の支援や、地域に子供の居場所となる拠点を整備し、自己肯定感や自己管理能力等、子供の「生きる力」を育むプログラムを提供するモデル拠点事業に使わせていただきます。

 事務局においては、引き続き、官公民の応援ネットワークを通じて、広報・啓発活動等を一層推進し、国民運動への御理解・御協力について積極的に呼びかけてまいります。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)