第1章 高齢化の状況 

4 高齢化の影響

(1)労働力人口

 平成17(2005)年の労働力人口総数(15歳以上労働力人口)は6,650万人で、そのうち60〜64歳の者は465万人(7.0%)、65歳以上の者は504万人(7.6%)となっている。
 この労働力人口総数に占める60〜64歳の者及び65歳以上の者の比率は、昭和55(1980)年(60〜64歳:4.4%、65歳以上:4.9%)から増加し続けており、今後少子高齢化が進む中で、平成27(2015)年には前者の比率が7.8%、後者の比率が9.6%まで上昇すると見込まれている(図1−1−15)。

図1−1−15 労働力人口の推移と見通し
図1-1-15 労働力人口の推移と見通し

 第1節 高齢化の状況

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む