第1章 高齢化の状況 

5 高齢化の国際的動向

(1)世界人口の動向

 2005(平成17)年の世界の総人口は64億6,475万人であり、2050(62)年には90億7,590万人になると見込まれている。
 総人口に占める65歳以上の者の割合(高齢化率)は、1950(昭和25)年の5.2%から2005(平成17)年には7.4%に上昇しているが、さらに2050(62)年には16.1%にまで上昇するものと見込まれており、今後半世紀で高齢化が急速に進展することになる(表1−1−18)。

表1-1-18 世界人口の動向等
 
1950年(昭和25年)
2005年(平成17年)
2050年(平成62年)
総人口 2,519,470 千人 6,464,750 千人 9,075,903 千人
65歳以上人口 130,875 千人 475,719 千人 1,464,938 千人
  先進地域 64,034 千人 185,046 千人 320,738 千人
  開発途上地域 66,841 千人 290,673 千人 1,144,200 千人
65歳以上人口比率 5.2 7.4 16.1
  先進地域 7.9 15.3 25.9
  開発途上地域 3.9 5.5 14.6
平均寿命(男性) 45.0 62.5 72.4
  同(女性) 47.8 67.0 77.0
合計特殊出生率 5.0   2.7   2.1  
資料:UN,World Population Prospects: The 2004 Revision
(注1)平均寿命及び合計特殊出生率は、1950−1955年、2000−2005年、2045−2050年
(注2)先進地域とは、ヨーロッパ、北部アメリカ、日本、オーストラリア及びニュージーランドからなる地域をいう。
    開発途上地域とは、アフリカ、アジア(日本を除く)、中南米、メラネシア、ミクロネシア、ポリネシアからなる地域をいう。

 なお、我が国の総人口は2005(平成17)年において、世界の中では10番目(2000(12)年は9番目)となっている(表1−1−19)。

表1-1-19 世界の人口順位等
順位
(人口)
国名
人口
(百万人)
世界人口に占める割合(%)
人口増加率(%)
【2000-2005年】
 
年率
 
世界
6,465
-
6.2
1.2
1
中国
1,316
20.4
3.3
0.6
2
インド
1,103
17.1
8.1
1.6
3
アメリカ合衆国
298
4.6
4.9
1.0
4
インドネシア
223
3.4
6.5
1.3
5
ブラジル
186
2.9
7.2
1.4
6
パキスタン
158
2.4
10.7
2.0
7
ロシア
143
2.2
△ 2.3
△ 0.5
8
バングラデシュ
142
2.2
10.0
1.9
9
ナイジェリア
132
2.0
11.8
2.2
10
日本
128
2.0
0.7
0.1
 
 
 
 
 
 
20
フランス
60
0.9
2.1
0.4
21
イギリス
60
0.9
1.7
0.3
22
イタリア
58
0.9
0.7
0.1
 
 
 
 
 
 
29
スペイン
43
0.7
5.8
1.1
 
 
 
 
 
 
84
スウェーデン
9
0.1
1.8
0.4
資料:UN,World Population Prospects : The 2004 Revision
    ただし、日本は総務省「国勢調査」(平成17年)


 第1節 高齢化の状況

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む