平成18年度 高齢社会対策 

(4)生活環境

・ 高齢者にとって、安全で安心な交通社会の形成を図るため、平成18年3月に中央交通安全対策会議で決定した「第8次交通安全基本計画」等に基づき、シルバーリーダー(高齢者交通安全指導員)を対象とした交通安全教育、高齢運転者対策等の交通安全対策を推進する。
・ 「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」(平成17年法律第124号)において、高齢者の虐待防止及び養護者に対する支援について、都道府県・市町村を中心とした対応が規定されたことから、指針の策定等により、平成18年4月の法施行以降各自治体における事務が円滑に実施されるよう取り組む。

 第1 平成18年度の高齢社会対策

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む