第1章 高齢化の状況

4 高齢化の社会保障給付費に対する影響

(1)過去最高となった社会保障給付費
  国立社会保障・人口問題研究所「平成17年度社会保障給付費」により、まず、社会保障給付費(年金・医療・福祉その他を合わせた額)全体についてみてみると、平成17(2005)年度は87兆9,150億円となり過去最高の水準となった。また、国民所得に占める割合は、昭和45(1970)年度の5.8%から23.9%に上昇している(図1−1−12)。

図1−1−12 社会保障給付費の推移
図1−1−12 社会保障給付費の推移

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む