第1章 高齢化の状況

5 高齢化の国際的動向

(1)今後半世紀で世界の高齢化は急速に進展
  2005(平成17)年の世界の総人口は65億1,475万人であり、2050(62)年には91億9,129万人になると見込まれている。
  総人口に占める65歳以上の者の割合(高齢化率)は、1950(昭和25)年の5.2%から2005(平成17)年には7.3%に上昇しているが、さらに2050(62)年には16.2%にまで上昇するものと見込まれており、今後半世紀で高齢化が急速に進展することになる(表1−1−13)。

表1−1−13 世界人口の動向等
  1950年(昭和25年) 2005年(平成17年) 2050年(平成62年)
総人口 2,535,093 千人 6,514,751 千人 9,191,287 千人
65歳以上人口 130,847 千人 477,358 千人 1,492,055 千人
先進地域 64,119 千人 185,644 千人 325,560 千人
開発途上地域 66,729 千人 291,714 千人 1,166,495 千人
65歳以上人口比率 5.2 7.3 16.2
先進地域 7.9 15.3 26.1
開発途上地域 3.9 5.5 14.7
平均寿命(男性) 45.0 63.9 73.1
同(女性) 47.8 68.3 77.8
合計特殊出生率 5.0   2.7   2.0  
資料:UN, World Population Prospects: The 2006 Revision
(注1)平均寿命及び合計特殊出生率は、1950-1955年、2000-2005年、2045-2050年
(注2)先進地域とは、ヨーロッパ、北部アメリカ、日本、オーストラリア及びニュージーランドからなる地域をいう。
開発途上地域とは、アフリカ、アジア(日本を除く)、中南米、メラネシア、ミクロネシア、ポリネシアからなる地域をいう。

目次 前の項目に戻る     次の項目に進む