内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  高齢社会対策  >  高齢社会白書  >  平成24年版 高齢社会白書(全体版)  >  第1章 第2節 3 (3)最期を迎えたい場所は「自宅」が半数を超える

[目次]  [前へ]  [次へ]

第1章 第2節 3 (3)最期を迎えたい場所は「自宅」が半数を超える

第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向

3 高齢者の健康・福祉

(3)最期を迎えたい場所は「自宅」が半数を超える

「治る見込みがない病気になった場合、どこで最期を迎えたいか」についてみると、「自宅」が54.6%で最も多く、「病院などの医療施設」が26.4%で、両者で全体の8割を占めている(図1-2-3-22)。

「自宅で最期まで療養することが実現困難な理由(複数回答)」についてみると、「介護してくれる家族に負担がかかる」が最も多く約8割となっており、次いで「症状が急変したときの対応に不安である」が5割強となっている(図1-2-3-23)。

図1-2-3-23 自宅で最期まで療養することが実現困難な理由(複数回答)
[目次]  [前へ]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)