内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全普及啓発事業等  >  平成27年度交通安全ファミリー作文コンクールの結果

平成27年度交通安全ファミリー作文コンクールの結果

1 事業の概要

(1)この事業は、各家庭や学校、職場等において交通安全に関する話し合いを進めることにより、国民一人一人の交通安全意識の一層の高揚を図り、交通ルールの遵守と正しい交通安全マナーの実践の確保に資すること等を目的として、昭和54年度から行っており、今回で37回目となりました。
(2)募集は、平成27年6月20日から9月10日まで行いました。
応募総数は、小学生の部が2,835点、中学生の部が16,034点、一般(高校生以上)の部が200点の合計19,069点となりました。
(3)優秀作品は、審査会(審査員は、学識経験者等)の審議を経て選出しました。
<優秀作品は次のとおりです>
最優秀作 :内閣総理大臣賞(各部門1名 合計3名)  
優秀作 :内閣府特命担当大臣賞(10名)  
1)小学生の部 6名
2)中学生の部 3名
3)一般(高校生以上)の部 1名
佳作 :内閣府政策統括官賞(50名)
 
1)小学生の部 30名
2)中学生の部 16名
3)一般(高校生以上)の部 4名
(4)審査員
  • 小・中学生の部
    星 忠通 安全教育研究所長
    宇田川 光雄 公益財団法人日本レクレーション協会理事
    佐々木 直子 全国公立小・中学校女性校長会会長、目黒区立中根小学校長
    伊藤 俊典 全日本中学校長会会長
    竹林 義久 一般財団法人日本交通安全教育普及協会専務理事
    和田 勝行 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課長
    福田 由貴 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)付参事官(交通安全対策担当)
  • 一般(高校生以上)の部
    鈴木 春男 千葉大学名誉教授
    溝端 光雄 自由学園最高学部講師
    吉岡 耀子 交通ジャーナリスト
    熊谷 陽一 公益財団法人三井住友海上福祉財団専務理事
    大山 憲司 一般財団法人全日本交通安全協会常務理事
    早川 治 警察庁交通局交通企画課長
    安田 貴彦 内閣府大臣官房審議官
(5)各部門の最優秀作受賞者は、平成28年1月15日に日比谷公会堂(東京都千代田区)で行われた第56回交通安全国民運動中央大会において、萩生田光一内閣官房副長官から表彰されました。

第56回交通安全国民運動中央大会本会議

表彰状授与

最優秀賞受賞者
(6)入選作品は、「平成27年度交通安全ファミリー作文コンクール 優秀作品集」として刊行し、都道府県、関係団体等に配布。

2 各部の受賞者(敬称略)

[最優秀作]

1)小学生の部
4年生 加藤 由萌 (宮城県柴田郡大河原町立大河原南小学校)「自分を守る『交通ルール』」
2)中学生の部
2年生 上村アレックス勉 (岐阜県関市立緑ヶ丘中学校)「かっこいいとか悪いとかじゃなく」
3)一般(高校生以上)の部
吉田 まゆみ (兵庫県三田市)「父からの贈り物~命をつなぐ~」

[優秀作]

1)小学生の部

  • 1年生 田中 琉結 (茨城県下妻市立大形小学校)「おねえちゃんとあるいたつうがくろ」
  • 2年生 平尾 陽向子 (山口県柳井市立平郡東小学校)「わたしは先生。」
  • 3年生 たかやま 悠太 (茨城県下妻市立下妻小学校)「交通安全は思いやりから」
  • 4年生 伊東 里祐 (福井県坂井市立東十郷小学校)「きんちょうの自転車テスト」
  • 5年生 鈴木 心渚 (福島県会津若松市立謹教小学校)「交通安全チェックカード」
  • 6年生 八重樫 彩季 (埼玉県川口市立並木小学校)「早く着くより安全に」

2)中学生の部

  • 1年生 坂下 寿明 (福井県越前市武生第三中学校)「黄色い旗のこと」
  • 2年生 清水 ひなの (宮城県仙台市立山田中学校)「尊い命を守る為に」
  • 3年生 たかはし 遥菜 (青森県 私立青森山田中学校)「心のゆとり」

3)一般(高校生以上)の部

  • 上野 由貴 (愛知県愛知郡東郷町)「ハートフルなこころのテクニック」

[佳作]

1)小学生の部

○ 1年生

  • 松村 理々乃 (岐阜県大垣市立静里小学校)「ひとりであるくよ」
  • 善甫 日奏 (兵庫県南あわじ市立松帆小学校)「へるめっとってたいせつ」
  • 藤原 健吾 (和歌山県和歌山市立紀伊小学校)「ぼくのおやくそく」
  • 勝田 和香菜 (岡山県備前市立伊里小学校)「『よぉみぃよぉ~!!』」
  • 山下 真央 (愛媛県宇和島市立宇和津小学校)「はんしゃざいについて」

○ 2年生

  • 瀬谷 菜々子 (福島県西白河郡中島村立吉子川小学校)「いのちをまもるおやくそく」
  • 伊藤 慧人 (茨城県筑西市立新治小学校)「ばあちゃんの自てん車」
  • 内山 由絆奈 (東京都板橋区立三園小学校)「やさしい町に」
  • 本間 結人 (神奈川県秦野市立鶴巻小学校)「たのしくじてん車にのりたい」
  • 森 那々美 (香川県三豊市立本山小学校)「うれしかったこと」

○ 3年生

  • 片倉 菜々子 (山形県東根市立大森小学校)「大切な命を守る交通ルール」
  • 宮下 月希 (新潟県長岡市立青葉台小学校)「注意は、気をひきしめる」
  • 品村 佳希 (愛知県岩倉市立岩倉南小学校)「ぼくのいのちをまもってくれる人」
  • 三瀬 大翔 (香川県丸亀市立城東小学校)「命を守るヘルメット」
  • 亀井 夕亜 (香川県丸亀市立城東小学校)「家ぞくのやくそく」

○ 4年生

  • 藤井 大陽 (富山県富山市立山田小学校)「ぼくが命がけで学んだこと」
  • 吉村 鴻志 (福井県坂井市立東十郷小学校)「すごいぞ、標しき!」
  • 船岡 夏妃 (愛知県あま市立甚目寺南小学校)「命を守るひょうしき」
  • 杉  帆高 (愛知県あま市立甚目寺東小学校)「ぼくが事こにあって気づいたこと」
  • 啓田 勇雅 (香川県仲多度郡多度津町立多度津小学校)「シートベルトの大切さ」

○ 5年生

  • 笹原 天志 (山形県尾花沢市立尾花沢小学校)「飛び出し」
  • 石塚 光 (茨城県坂東市立逆井山小学校)「自転車大会に参加して」
  • 大野 水々紅 (神奈川県南足柄市立北足柄小学校)「おたがいの安全のために」
  • 朝倉 悠 (静岡県磐田市立豊浜小学校)「注意一秒一生涙」
  • 石井 快和 (岡山県倉敷市立赤崎小学校)「交通事故から学んだこと」

○ 6年生

  • 小祝 絢 (茨城県結城郡八千代町立安静小学校)「危ない、危ない」
  • 御子柴 育実 (長野県諏訪郡下諏訪町立下諏訪南小学校)「今、私にできる交通安全運動」
  • 宗田 結月 (岡山県総社市立総社中央小学校)「私にできる交通安全」
  • 太田 雅人 (香川県丸亀市立城北小学校)「少しの心がけで」
  • 白壁 和晃 (長崎県島原市立第一小学校)「六年生のぼくにできる事」

2)中学生の部

○ 1年生

  • 井戸 允月 (栃木県栃木市立栃木東中学校)「身近な人の事故死」
  • 新井 佑奈 (群馬県伊勢崎市立第三中学校)「思いやりのある運転で事故を防ぐ」
  • 吉田 優花 (愛知県半田市立青山中学校)「私の交通安全」
  • 森  準之典 (三重県名張市立北中学校)「命の重み」
  • 島田 新太 (兵庫県南あわじ市立南淡中学校)「家族との約束」
  • 田中 桜里 (鳥取県西伯郡伯耆町立溝口中学校)「ありがとう シートベルト」

○ 2年生

  • 深澤 夢花 (栃木県那須烏山市立烏山中学校)「小さなことから始めよう」
  • たかはし 優里 (岡山県都窪郡早島町立早島中学校)「心遣いから始まる交通安全」
  • 近藤 翔真 (香川県高松市立牟礼中学校)「母が教えてくれたこと」
  • 小野 千潤 (佐賀県小城市立牛津中学校)「命の重み」

○ 3年生

  • 角田 幹人 (栃木県河内郡上三川町立明治中学校)「交通事故にあわないために」
  • 石毛 南帆 (千葉県柏市立中原中学校)「放置しないで」
  • 川手 玲応和 (東京都調布市立第六中学校)「父の教え」
  • 山口 幸祈 (三重県名張市立南中学校)「五分のゆとり」
  • 藤原 愛 (岡山県立倉敷天城中学校)「笑顔でいてもらいたいから」
  • 榮島 胡桃 (宮崎県都城市立高崎中学校)「命を守るシートベルト」

3)一般(高校生以上)の部

  • 竹内 美月 (富山県高岡市)「黄色星人(きいろせいじん)」
  • 嶋津 晃太 (山梨県立甲府南高等学校)「当事者意識、ありますか。」
  • 川口 和美 (京都府京都市)「ドライバーとなった君へ」
  • 大菅 佳世 (京都府向日市)「思いやりのある運転」
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)