平成23年度 交通安全施策に関する計画

別添参考

参考−3 道路交通事故交通統計24時間死者,30日以内死者及び30日死者の状況の比較

警察庁では,交通事故発生後24時間以内に死亡した者(24時間死者)の数について昭和21年から集計しているが,国際的な比較を行うため,交通事故発生から30日以内に死亡する者(30日以内死者)の統計が必要となったことから,平成5年からは,24時間死者に交通事故発生から24時間経過後30日以内に死亡した者(30日死者)を加えた「30日以内死者」の集計を行っている。


1 24時間死者数と30日以内死者数の比較

30日以内死者数は5,745人で,10年連続の減少となるとともに,平成5年から統計を開始して以来,最も少なかった。

30日以内死者数に占める24時間死者数の割合をみると,近年は,漸減傾向で推移している(第1表)。


第1表 24時間死者と30日以内死者の推移

2 30日死者数の特徴(単年)

(1)年齢層別の状況と特徴

30日死者の年齢層別の構成率は,65歳以上(59.2%)の年齢層の占める割合が24時間死者より8.8ポイント高くなっている(第1図)。


第1図 年齢層別死者数の構成率(平成22年)

(2)状態別の状況と特徴

30日死者の状態別の構成率は,自転車乗用中(30.7%)の占める割合が24時間死者より17.2ポイント高くなっている。一方,自動車乗車中(21.5%)の占める割合が24時間死者より11.4ポイント低くなっている。(第2図,第2表)。


第2図 状態別死者数の構成率(平成22年)

第2表 年齢層別・状態別にみた24時間死者数と30日死者数の比較(平成22年)

(3)損傷主部位別の状況と特徴

30日死者の損傷主部位別の構成率は,頭部(70.4%)の占める割合が24時間死者の場合より24.7ポイント高くなっている。一方,胸部(8.2%)の占める割合が24時間死者の場合より14.7ポイント低くなっている(第3図)。


第3図 損傷主部位別死者数の構成率(平成22年)