内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成27年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況  >  第1編 陸上交通 第2部 鉄道交通 第2章 鉄道交通安全施策の現況 第4節 鉄道車両の安全性の確保

第1編 陸上交通 第2部 鉄道交通 第2章 鉄道交通安全施策の現況
第4節 鉄道車両の安全性の確保

目次]  [前へ]  [次へ

第1編 陸上交通

第2部 鉄道交通

第2章 鉄道交通安全施策の現況

第4節 鉄道車両の安全性の確保

近年,鉄道における車両の構造・装置は大きく変化し,各分野における科学技術の発達を反映するとともに,高齢者,障害者等に配慮した設計となっている。

最近導入されている車両は,機械的可動部分を削減した装置を採用することにより電子化・無接点化が進み,信頼性と保安度の向上が図られている。

車両の連結部には,プラットホーム上の旅客の転落を防止する安全対策を施した車両の導入を推進している。

また,鉄道車両の品質の改善,生産の合理化等を図ることにより,安全性の向上に寄与することを目的として日本工業規格を整備した。

なお,平成27年度末における鉄道部門の日本工業規格数は153件である。

鉄道の車両の検査については,鉄道事業者に対し,新技術を取り入れた検査機器を導入することによる検査精度の向上,鉄道車両への新技術の導入に対応した検修担当者に対する教育訓練の充実及び鉄道車両の故障データ等の科学的分析結果の保守管理への反映が図られるよう指導した。


目次]  [前へ]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)