内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成27年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況  >  第2編 海上交通 第2章 海上交通安全施策の現況 第2節 海上交通の安全に関する知識の普及

第2編 海上交通 第2章 海上交通安全施策の現況
第2節 海上交通の安全に関する知識の普及

目次]  [前へ]  [次へ

第2編 海上交通

第2章 海上交通安全施策の現況

第2節 海上交通の安全に関する知識の普及

1 海難防止思想の普及

海難を防止するためには,国民一人一人の海難防止に関する意識を高めることが重要となる。

このため,海難防止講習会や訪船指導等あらゆる機会を通じて海事関係者に限らず広く国民全般に対して海難防止を呼びかけ,海難防止思想の普及及び高揚並びに海難防止に関する知識の習得及び向上を図った。

特に平成27年7月16日から31日までの間,「見張りの徹底及び船舶間コミュニケーションの促進」「プレジャーボートの発航前点検の徹底」「ライフジャケットの常時着用等自己救命策の確保」を重点事項に掲げて官民一体となって「全国海難防止強調運動~海の事故ゼロキャンペーン」を全国一斉に実施したほか,霧などの気象条件や海難の発生傾向など地域や各種船舶の特性を考慮した地方レベルの「地方海難防止強調運動」を展開した。


2 外国船舶に対する情報提供等

外国船舶の海難を防止するため,我が国周辺の地理や気象・海象の特性等に不案内な外国船舶に対し,訪船やホームページを活用するなどして,ふくそう海域における航法や航路標識の設置状況等の航行安全上必要な情報等について周知するとともに航行安全指導を実施した。


目次]  [前へ]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)