内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成27年度 交通事故の状況及び交通安全施策の現況  >  第2編 海上交通 第2章 海上交通安全施策の現況 第6節 海上交通に関する法秩序の維持

第2編 海上交通 第2章 海上交通安全施策の現況
第6節 海上交通に関する法秩序の維持

目次]  [前へ]  [次へ

第2編 海上交通

第2章 海上交通安全施策の現況

第6節 海上交通に関する法秩序の維持

海上保安庁は,海上における犯罪の予防及び法令の励行を図るため,平成27年は3万3,615隻の船舶に立入検査を実施する一方,取締りの実施により3,223件の海事関係法令違反を送致したほか,違反の態様が軽微で是正の容易な1,507件の海事関係法令違反について警告措置を講じた。

また,海事関係者等を対象とした海難防止講習会の開催,訪船指導の実施等により航法や海事関係法令の遵守等安全指導を行った。さらに,他の船舶の流れを無視したプレジャーボートの無謀な操船を行う者に対しては,訪船・現場指導や取締りを実施するなど,海難の未然防止及び海上交通秩序の維持に努めた。

港内,主要狭水道等船舶交通がふくそうする海域においては,巡視船艇による船舶交通の整理・指導及び航法違反等の取締りを実施しており,特に,海上交通安全法に定める11の航路については,巡視船艇を常時配備するとともに,航空機によるしょう戒を実施し,重点的な指導取締りを行った。

このほか,年末年始には,旅客船,カーフェリー,遊漁船,海上タクシー等による海上輸送の安全確保を図るため「年末年始特別警戒及び安全指導」を実施し,全国一斉に訪船指導等を実施した。

警察では,警察用船舶の整備のほか,船舶交通のふくそうする港内や事故の起きやすい海浜,河川,湖沼等における警察用船舶,警ら用無線自動車及び警察用航空機が連携してのパトロールや事故に直結しやすい無免許操縦,無検査船舶の航行等違反行為の取締りを実施するとともに,訪船連絡等を通じた安全指導や関係行政機関及び関係団体と連携しての広報啓発活動等により,水上交通の安全と秩序の維持に努めた。

その他,近年における多様なレジャースポーツに伴う事故を防止するため,レジャースポーツ関係業者,港湾,漁業関係者等との連携を図り,レジャースポーツ愛好者に対し,遊具の搬送,持ち込みに際して安全指導を行ったほか,レジャースポーツを行う者同士の事故やこれらの者と遊泳者,漁業関係者等との事故を防止するため,水上安全条例の運用等を通じて,危険行為の防止に努めた。

なお,水上安全条例については,北海道,岩手県,福島県,東京都,茨城県,神奈川県,山梨県,栃木県,福井県,三重県,滋賀県,京都府,兵庫県,和歌山県,山口県,長崎県,宮崎県及び沖縄県の18都道府県において施行されている。


目次]  [前へ]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)