内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  交通安全対策  >  もっと詳しく  >  交通安全白書  >  平成28年交通安全白書(全文)  >  平成28年度 交通安全施策に関する計画  >  第2部 海上交通の安全についての施策 第10節 海上交通の安全対策に係る調査研究等の充実

第2部 海上交通の安全についての施策
第10節 海上交通の安全対策に係る調査研究等の充実

目次]  [戻る]  [次へ

海上交通の安全に関する研究開発及び海難原因究明のための総合的な調査研究を推進し,その成果を速やかに安全対策に反映させることにより,海上交通の安全の確保を図る。

海上技術安全研修所では,海上交通の安全に寄与するため,天候や昼夜の別に関係なく海流速度,波浪等を計測する短波海洋レーダの研究開発,応用技術やデータ利用の高度化を引き続き進める。また,地表面,海表面の高分解能観測が可能な航空機搭載3次元マイクロ波映像レーダの研究開発においては,移動体検出技術の研究開発を引き続き進めるとともに,高分解能(30cm)を活用した各種の応用検証等を行う。

海上技術安全研究所では,先進的な船舶の安全性評価手法の開発及び更なる合理的な安全規制の体系化に関する研究,海難事故等の原因究明の深度化,防止技術の開発及び適切な対策の立案に関する研究を行う。


目次]  [戻る]  [次へ
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)