-
障害者施策 サイトマップ
-

-


内閣府ロゴマーク
平成23年11月18日
内閣府政策統括官
(共生社会政策担当)

平成23年度「心の輪を広げる体験作文」及び
「障害者週間のポスター」の入賞作品の決定等について

内閣府では、障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」を目指し、障害や障害のある人々に対する国民の理解と関心を深めること等を目的として、毎年、都道府県・指定都市との共催により「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」の公募をしています。
今般、平成23年度における入賞作品が決定いたしましたのでお知らせします。

1 入賞作品の決定
都道府県・指定都市から推薦があった作品について、黒井千次 (くろい せんじ) 先生(作家・(社)日本文藝家協会常務理事)を委員長とする審査委員会(参考)で審査し、「心の輪を広げる体験作文」については資料1、「障害者週間のポスター」については資料2のとおり、それぞれ決定しました。
2 障害者週間の行事における表彰等
(1)「障害者フォーラム2011」での表彰
最優秀賞(内閣総理大臣賞)の受賞者(「心の輪を広げる体験作文」3名、「障害者週間のポスター」2名)に対しては、障害者週間(12月3日〜9日)の行事の一環として12月2日(金)13時から、日本学術会議講堂(乃木坂)で開催される「障害者フォーラム2011」において、表彰状の授与を行います。
(2)「原画展」及び「パネル展」の開催
東京都渋谷区の「こどもの城2階ギャラリー/アトリウム側」において、12月6日から11日までの間、「心の輪を広げる体験作文」の最優秀賞受賞作品3編及び「障害者週間のポスター」の最優秀賞受賞作品等の原画91点を展示します。
3 「障害者週間のポスター」による広報
小学生部門の最優秀賞である徳永萌花さんのポスターを原画とした「障害者週間のポスター」(別添)を作成し、障害者週間に都道府県・指定都市等を通じて関係機関等に掲示するほか、主要な駅等に掲示します。

▲ このページの上へ

-