平成22年度 障害者施策の概況

障害者白書 概要[HTML版]

障害者白書とは

障害者白書は、障害者基本法(昭和45年5月21日法律第84号)第11条に基づき、障害者のために講じた施策の概況について、毎年国会に報告しているものである。

今回の白書は18回目に当たり、平成22年度における「施策の総合的取組と障害者の状況」をはじめ、「障害者基本計画」の分野別施策の基本的方向の柱立てに沿って、平成22年度を中心に障害者のために講じた施策を、「相互の理解と交流」、「社会参加へ向けた自立の基盤づくり」、「日々の暮らしの基盤づくり」、「住みよい環境の基盤づくり」の4つの視点に立ってまとめている。

PDF版はこちら

平成22年度を中心とした障害者施策の取組

第1章 「施策の総合的取組と障害者の状況」

【1】施策の総合的取組

  1. 障害者制度改革の動向
  2. 障害者に係る施策の経緯

【2】障害者の状況

【3】障害者基本計画、重点施策実施5か年計画

【4】地方障害者計画等

コラム 障がい者制度改革推進会議の運営に関連した様々な取組

第2章 「相互の理解と交流」

  1. 啓発・広報等
  2. 国際協力

第3章 「社会参加へ向けた自立の基盤づくり」

  1. 障害のある子どもの教育・育成
  2. 雇用・就労の促進施策

第4章 「日々の暮らしの基盤づくり」

  1. 生活安定のための施策
  2. 保健・医療施策

第5章 「住みよい環境の基盤づくり」

  1. 障害のある人の住みよいまちづくりのための施策

    (東日本大震災への障害のある人たちへの主な緊急支援)

    コラム 障害者団体による東日本大震災「支援本部」と「支援センター」

  2. 障害のある人の情報・コミュニケーションを確保するための施策