内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  子ども・子育て支援新制度  >  制度の概要  >  「子ども・子育て支援新制度」シンボルマークについて

子ども・子育て支援新制度

「子ども・子育て支援新制度」シンボルマークについて

 子ども・子育て本部では、平成27年4月の本格施行された「子ども・子育て支援新制度」を広く国民に知っていただくため、シンボルマークを作成しております。新制度に対する国民の理解と共感を深めるため、広報啓発活動等に活用していきます。

※地方公共団体、その他関連団体等の皆さまには事前申請を省略してシンボルマークをご使用いただけます。
 (ただし、使用要領に即してご使用ください) → 詳しくはこちら

※シンボルマークを利用したリンク用のバナーも公開しています。 → 詳しくはこちら

シンボルマーク

制作コンセプト

子ども・子育て支援新制度は、質の高い教育・保育及び地域子ども・子育て支援事業を実施し、妊娠、出産から育児までの切れ目ない支援を行うことを通じて、全ての子どもが健やかに成長するように支援するものです。

メインコピーの「すくすくジャパン!」には、新制度において充実を図っていく支援によって、子どもたちにすくすく育ってほしい、ママやパパにも親としてすくすく育ってほしい、という思いが込められています。また、サブコピーとなる「みんなが、子育てしやすい国へ。」には、行政をはじめ社会全体で誰もが安心して子育てができ、「子どもの最善の利益」が実現される国にしていこう、というメッセージが込められています。

ビジュアルは、新制度の中心である子どもたちが、個性豊かに元気に演奏する姿により、新制度への共感や、親しみを感じていただけるものとしました。メインコピーのロゴとイラストを描いてくださったのは、絵本作家として活躍されているのぶみさん(PDF形式:253KB)別ウインドウで開きます。新制度の意義にご賛同いただき、無償でご協力いただきました。

作成の経緯

総合評価方式により選定された代理店に複数案の作成を依頼。専門的な意見を聴くため、コピーライターのこやま淳子さん、シンガーソングライターの新沢としひこさん、アートディレクターの永井一史さん、子育て支援に取り組むNPO法人代表の松田妙子さんをメンバーとする検討委員会を開催。併せて幅広い意見を聴くため、一般の方を対象にした調査も実施。一般調査の結果等も踏まえ、検討委員会での議論を元に内閣府において決定。

シンボルマークの使用について

シンボルマークは、作成趣旨に反する使用はできません。「子ども・子育て支援新制度シンボルマーク使用要領」に基づく手続を行っていただいた上で使用していただけます。

使用の申請手続きの簡素化を図りました。以下に掲げる者は使用の申請を省略できます。(詳細は使用要領をご確認ください)

1関係府省庁
2地方公共団体
3内閣府が新制度の普及・啓発のためにマークの使用を要請した団体等
4新制度における給付、委託の対象となる事業を行う団体
5保護者やその支援者等向けに新制度に関する勉強会等を開催する団体

リンクバナー

シンボルマークを利用したリンク用バナーを公開しています。
子ども・子育て支援新制度ホームページへのリンクにご活用ください。

本件問い合わせ先

〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
TEL 03-5253-2111(代表) 内線(38438)
内閣府子ども・子育て本部

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)