内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  夫の協力

夫の協力

年齢別就業時間が週60時間以上の男性就業者の割合の推移

 週60 時間以上の長時間労働をしている男性は、どの年齢層においても、2005(平成17)年以降概ね減少傾向にある。
 しかしながら、子育て期にある30代、40代の男性については、2017(平成29)年で、それぞれ15.0%、15.4%が週60時間以上就業しており、ほかの年齢層に比べ高い水準となっている。

子育て世代の男性の長時間労働のグラフ


6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間(1日当たり・国際比較)

 男性が子育てや家事に費やす時間をみると、2016(平成28)年における我が国の6歳未満の子供を持つ夫の家事・育児関連時間は1日当たり83分となっており、2011(平成23)年調査に比べて16分増えているものの、先進国中最低の水準にとどまっている。

6歳未満の子どもをもつ夫の家事・育児時間のグラフ


夫の休日の家事・育児時間別にみた第2子以降の出生の状況

 夫の休日の家事・育児時間と第2 子以降の出生状況をみると、両者には正の関係性がみられる。

子どもがいる夫婦の夫の休日の家事・育児時間別にみた、この12年間の第2子以降の出生の状況のグラフ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)