内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」  >  子育て支援パスポート事業の全国共通展開について

少子化対策

子育て支援パスポート事業の全国共通展開について

「全国共通子育てパスポート事業」画像

 内閣府では、社会全体で子育て世帯を応援するため、既に実施されている「子育て支援パスポート事業」について、各都道府県と協力し、平成28年4月1日から子育て世帯が現在居住する地域(都道府県)に加え、全国の他地域でもサービスが受けられるよう強化していきます。
 各都道府県から地域の店舗等へご理解・ご協力を得て、子育てへの社会的機運を醸成していく事業です。平成29年4月までに全都道府県で全国展開が実施できる予定です。

実施時期

 サービスの広域的な利用が開始となる時期は、平成28年4月1日以降、次のような予定になっております。

○平成28年4月1日(予定) 41道府県 (計41道府県)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

○平成28年10月1日(予定) 4都県 (計45都道府県)

東京都、山梨県、大分県、沖縄県

○平成29年4月1日(予定) 2府県 (計47都道府県)

神奈川県、大阪府

※ 上記の予定は、自治体の状況によって変更の可能性があります。

利用について

サービスの広域的な利用が可能となることに伴い、利用者の皆様のパスポートや協賛店舗の表示などには、次のロゴマークが活用されます。

「全国共通子育てパスポート事業」画像 ※ 当分の間(平成28年度中目途)、一部の自治体発行のパスポートにはこのロゴマークが入らない場合もあります。
※ 利用者がサービスを受けられる店舗には、利用のための目印となるよう、このロゴマークのステッカーが貼られるなどされます。
  • 都道府県や協賛店舗によって、対象世帯、サービス内容、店頭における本人確認方法、パスポートの形態が異なりますので、各都道府県のホームページをご参照ください。

協賛店舗の皆様へ

  • 新たに協賛店舗に参加されたい場合や御不明な点については、各都道府県の担当課にお問い合わせください。
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)