内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」  >  平成27年度 自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国会議開催案内

少子化対策

平成27年度 自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国会議開催案内

少子化が進行する中、社会全体で子育て家庭を応援し、子どもを生み育てやすい環境づくりを地域が一体となって進めていく必要があります。

現在、地方自治体においては、「企業・NPO等の連携による子育て支援事業」や、企業・店舗等が参加する「子育て支援のためのパスポート事業」などの取組が行われております。

内閣府では、今般、企業やNPO等が参加した子育て支援の取組を一層推進し、社会全体で子育て家庭を支援する機運の醸成を図るため、自治体・企業・NPOによる「子育て支援連携事業」全国会議を開催します。皆さまのご参加をお待ちしております。

案内チラシ

開催概要

日時 平成28年2月1日(月)13:00~17:30(開場 12:30)
会場 イイノカンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2-1-1 イイノビル4階
対象 地方自治体、企業の担当者、NPO関係者、および関心のある方 ※参加費無料、事前申込制 ※定員230名
主催 内閣府 
協力 にっぽん子育て応援団 公益社団法人 日本フィランソロピー協会


プログラム

13:00 開会・主催者挨拶
13:10 少子化社会対策の取組について(内閣府)
13:20 基調講演 / 平井 伸治 氏 (鳥取県知事)
「子育て王国鳥取県)」

平井知事の写真 昭和36年生まれ。東京大学法学部卒業。昭和59年自治省(現総務省)入省。カリフォルニア大学バークレー校政府制度研究所客員研究員、鳥取県総務部長、同県副知事、総務省自治行政局選挙部政治資金課政党助成室長、自治体国際化協会審議役、同ニューヨーク事務所長を経て、平成19年2月総務省退職。同年4月鳥取県知事に就任。現在3期目。全国知事会副会長。

14:00 <第1部> 「子育て支援連携事業」 2事例報告
14:40 ‐ 休憩 ‐
14:55 <第2部> 「子育て支援連携事業」 3事例報告
15:55 全体質疑
16:05 総括 渥美 由喜氏 ((株)東レ経営研究所研究部長兼主席コンサルタント)
16:20 閉会

16:40~17:30 名刺交換会/ルームB1+B2

閉会後、引き続き、ルームB1+B2にて、名刺交換会(16:40~17:30)を開催いたします。
※ 参加をご希望される方は、事前申込が必要となりますので参加申込書にご記載ください。
※ プログラムの順番は、都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

子育て支援連携事業の事例報告(順不同)

自治体・企業・NPO、それぞれのお立場から連携のメリットや課題などをご報告いただきます。
進行:渥美 由喜氏

  • 埼玉県発「子育て応援ムーブメントの創出」
    ~協賛店舗数全国1位の埼玉県パパ・ママ応援ショップ制度~

    埼玉県
  • パパ・ママたちと一緒に開発したきょうと子育て応援パスポートアプリ「まもっぷ」
    ~子育て家族のお出かけに必要な情報が満載~

    京都府 × NPO法人亀岡子育てネットワーク × (株)メディアインパクト
    ※子育て支援NPO17団体と共同開発
  • 公民コラボレーションで取り組む子育て支援施設「キッズサポートセンターさかい」
    ~遊びを出発点に気軽に集い、交流し、相談できる場をめざして~

    大阪府堺市 × (株)髙島屋 × (株)ボーネルンド ※大阪労働局を含む4者で協定締結
  • こどもまちづくり会議in二本松
    ~町外へ避難している子ども達への郷土教育の在り方とは~

    まちづくりNPO新町なみえ × 福島県富岡町 × 早稲田大学
  • 妊娠・育児情報をメールで配信する「きずなメール・プロジェクト」
    ~行政との連携で、子育て期の孤立を防ぎ、不安を解消~

    NPO法人きずなメール・プロジェクト × 東京都文京区

応募方法

応募は締め切りました

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)