内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  少子化対策 / 子ども・子育て支援新制度  >  少子化対策  >  調査・研究  >  平成17年度 少子化社会対策に関する先進的取組事例研究報告書(HTML版)目次

少子化対策

平成17年度 少子化社会対策に関する先進的取組事例研究報告書(HTML版)目次

平成18年3月
内閣府政策統括官(共生社会政策担当)

<目次>

1 調査研究の概要

1.1 調査研究の背景と目的
1.2 調査研究の方法と対象
1.2.1 国内事例文献調査
1.2.2 国内企業インタビュー調査
1.2.3 海外事例文献調査
1.2.4 有識者インタビュー調査

2 わが国におけるワーク・ライフ・バランス施策の全体像

2.1 ワーク・ライフ・バランス施策の定義と類型
2.2 ワーク・ライフ・バランス施策類型ごとの導入状況
2.3 各ワーク・ライフ・バランス施策の詳細
2.3.1 育児休業・介護休業
2.3.2 勤務時間のフレキシビリティ
2.3.3 勤務場所のフレキシビリティ
2.3.4 休暇関係
2.3.5 長時間勤務の抑制(働き方の見直し)
2.3.6 再雇用制度
2.3.7 経済的支援
2.3.8 情報提供・相談
2.3.9 事業所内保育施設
2.3.10 その他

3 ワーク・ライフ・バランス施策先進事例の分析~導入目的、推進ノウハウ、効果~

3.1 ワーク・ライフ・バランス施策導入の目的・狙い
3.1.1 人材力の向上
3.1.2 企業イメージの向上
3.2 ワーク・ライフ・バランス施策推進のノウハウ
3.2.1 ワーク・ライフ・バランス施策推進に対する「経営意思」の周知徹底
3.2.2 ワーク・ライフ・バランス施策に関する従業員側のイニシアティブ
3.2.3 ワーク・ライフ・バランス施策と整合的な人事評価制度
3.3 ワーク・ライフ・バランス施策の効果
3.3.1 優秀な人材・女性人材の定着
3.3.2 人材育成のコスト低減と高密度化
3.3.3 従業員満足度の向上
3.3.4 業務の改善
3.3.5 採用応募者の量・質の向上
3.3.6 企業イメージ・評価の向上
3.4 ワーク・ライフ・バランス施策成功のポイント ‐ 企業類型による整理
3.4.1 大企業 vs 中小企業
3.4.2 B TO C 企業 VS B TO B 企業
3.4.3 「成果主義」 VS 非「成果主義」

4 欧米諸国におけるワーク・ライフ・バランスへの取組

4.1 米国におけるワーク・ライフ・バランスへの取組
4.1.1 はじめに
4.1.2 米国におけるワーク・ライフ・バランス取組の経緯
4.1.3 米国におけるワーク・ライフ・バランス取組の状況
4.1.4 おわりに
4.2 英国におけるワーク・ライフ・バランスへの取組
4.2.1 はじめに
4.2.2 英国のワーク・ライフ・バランスの実態
4.2.3 英国企業がワーク・ライフ・バランスを導入する背景
4.2.4 ワーク・ライフ・バランス施策の導入が企業に与える影響
4.2.5 ワーク・ライフ・バランスに向けた英国政府の取組
4.2.6 わが国への示唆
4.3 ドイツにおけるワーク・ライフ・バランスへの取組
4.3.1 はじめに
4.3.2 財界との連携によるワーク・ライフ・バランスへの取組
4.3.3 具体的な企業での取組

5 ワーク・ライフ・バランス施策のすすめ

参考文献

資料

  1. 国内事例文献調査結果(1/32/33/3
  2. 企業インタビュー記録(1/22/2
  3. 有識者インタビュー記録

PDF版のページへ概要版へ

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)