内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  表彰・イベント・その他  >  さんきゅうパパプロジェクトについて(啓発ツール、イベント等)

少子化対策

さんきゅうパパプロジェクトについて(啓発ツール、イベント等)

「さんきゅうパパプロジェクト」画像

 内閣府では、「少子化社会対策大綱」(平成27年3月閣議決定)で掲げた目標である、5年後に「男性の配偶者の出産直後の休暇取得率80%※」に向け、男性の休暇取得を推進しています。妻の出産直後に男性が休暇を取得し、家族との時間を過ごすことで、父親であることを実感し、家族の結び付きを深め、育児や家事のきっかけにし、これまでの働き方や生活を見直す機会としていただければと思います。

※ 配偶者の出産後2か月以内に取る、半日又は1日以上の休暇(年次有給休暇、配偶者出産時等に係る特別休暇、育児休業等)。

啓発ツール

  • ロゴマーク
    「さんきゅうパパプロジェクト」ロゴマークS

    【ロゴマークの趣旨】
     「さんきゅうパパプロジェクト」のロゴマークは、パパが休暇を取ることで、産んでくれた妻に、生まれてきてくれた我が子に、「ありがとう」を言おう、という意味が込められています。
     出産直後に父親も休むことが当たり前の社会にしていくため、活動に賛同する企業、団体、個人の方は、職場で使われるツールや、自治体における父親学級や子育て支援の啓発ツール等、使用規約の範囲内で自由にお使い いただけます。

イベント・シンポジウム等

  • さんきゅうパパプロジェクト キックオフシンポジウム ~出産直後の「男性の休暇取得」促進に向けて~(平成27年6月29日)
    1/2(PDF形式:488KB)別ウインドウで開きます2/2(PDF形式:223KB)別ウインドウで開きます
  • たまひよファミリーパーク(平成27年11月1日)
  • 「家族の日」フォーラム(平成27年11月15日)
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)