少子化対策

[目次]  [戻る]  [次へ]

3 婚姻・出産等の状況

未婚化・非婚化の進行

婚姻件数は、第1次ベビーブーム世代が25歳前後の年齢を迎えた1970(昭和45)年から1974(昭和49)年にかけて年間100万組を超え、婚姻率(人口千対)もおおむね10.0以上であった。その後は、婚姻件数、婚姻率ともに低下傾向となり、1978(昭和53)年以降2010(平成22)年までは、年間70万組台(1987(昭和62)年のみ60万組台)で増減を繰り返しながら推移してきたが、2011(平成23)年は661,895組と過去最低となった。2012(平成24)年は、668,869組(対前年比6,974組増)と前年より増加した。婚姻率も5.3で前年の5.2から0.1上回ったが1970年代前半と比べると半分近くの水準となっている。

また、2010(平成22)年の総務省「国勢調査」によると、25~39歳の未婚率は男女ともに引き続き上昇している。男性では、25~29歳で71.8%、30~34歳で47.3%、35歳~39歳で35.6%、女性では、25~29歳で60.3%、30~34歳で34.5%、35~39歳で23.1%となっている。さらに生涯未婚率を30年前と比較すると、男性は2.6%(1980(昭和55)年)から20.1%(2010年)、女性は4.5%(1980年)から10.6%(2010年)へ上昇している。

第1-1-5図 婚姻件数及び婚姻率の年次推移

CSV形式(3KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

第1-1-6図 年齢別未婚率の推移(男性)

CSV形式(1KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

第1-1-7図 年齢別未婚率の推移(女性)

CSV形式(1KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

第1-1-8図 生涯未婚率の年次推移

CSV形式(1KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

晩婚化、晩産化の進行

日本人の平均初婚年齢は、2012年で、夫が30.8歳(対前年比0.1歳上昇)、妻が29.2歳(同0.2歳上昇)と上昇傾向を続けており、結婚年齢が高くなる晩婚化が進行している。1980年には、夫が27.8歳、妻が25.2歳であったので、ほぼ30年間で、夫は3.0歳、妻は4.0歳、平均初婚年齢が上昇していることになる。

また、初婚の年齢(各歳)別婚姻件数の構成割合を1992(平成4)年から10年ごとにみると、夫は1992年と2002(平成14)年を比較すると大きな差異はないものの、2012(平成24)年において、妻は2002年及び2012年においてピーク時の年齢が上昇するとともに、その年齢が占める割合は低下している。また、夫妻ともに高い年齢の割合が増加している。

さらに、出生したときの母親の平均年齢をみると、2012(平成24)年の場合、第1子が30.3歳、第2子が32.1歳、第3子が33.3歳であり、前年に続いて第1子出産年齢が30歳を超えた。

第1-1-9図 初婚年齢別婚姻件数の割合

CSV形式(2KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

第1-1-10図 平均初婚年齢と母親の平均出生時年齢の年次推移

CSV形式(1KB)のファイルはこちら別ウインドウで開きます

コラム 家族と地域における子育てに関する意識調査について

これまでの各種調査によると、多くの若者が、将来家庭を持つことを望み、希望する子どもの数は平均2人以上となっているものの、晩婚化が進むとともに生涯未婚率が上昇しており、国民の希望を叶えることができていない状況が示されている。

本調査においては、結婚・家族形成や家庭における出産や子育て、地域での子育て支援環境づくりについての国民の意識の調査・分析を実施した。

〈大切と思う人間関係やつながり〉(図1)

全体でみると、「家族」が96.9%と突出して多く、以下、「親戚」55.1%、「地域の人」49.4%が続く。性別でみても、「家族」は、男女ともほぼ全数があげている。

〈若い世代で未婚・晩婚が増えている理由〉(図2)

1位「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」51.9%、2位「経済的に余裕がないから」47.4%、3位「結婚の必要性を感じていないから」41.9%の順であり、それ以外の項目は3割台以下となっている。

男性では「経済的に余裕がないから」52.0%が最も多いのに対し、女性では「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」55.3%が1位となっており、男女で意識の違いがみられる。

〈今後、子どもを持つ場合の条件〉(図3)

全体では「働きながら子育てができる職場環境であること」56.4%が最も多く、次いで「教育にお金があまりかからないこと」51.9%、「健康上の問題がないこと」47.4%の順となっている。

男性では「教育にお金があまりかからないこと」54.6%が最も多いのに対し、女性では「働きながら子育てが出来る職場環境であること」62.0%が他の項目と比べて際立って多くなっている。また、多くの項目で女性が男性を上回っているが、特に、「配偶者の家事・育児への協力が得られること」(男性26.8%、女性48.9%)では、20ポイント以上の差がみられる。

〈理想の家族の住まい方と祖父母の手助け〉(図4、図5)

理想の家族の住まい方については、半数以上が祖父母と近居・同居を理想としているが、『祖父母と近居』(31.8%)の方が『祖父母と同居』(20.6%)よりも11ポイント高い。

『祖父母と近居』について性別にみると、「父方の祖父母」(夫の親)(男性21.2%、女性14.3%)は男性の方が多く、「母方の祖父母」(妻の親)(同9.3%、18.7%)は女性に多くあげられ、それぞれ自身の親との近居を理想とする傾向がみられる。

また、子どもが小学校に入学するまでの間、祖父母が育児や家事の手助けをすることが望ましいかどうかについては、8割近くが祖父母の手助けを望ましい(「とてもそう思う」と「ややそう思う」の計)としている。

〈地域における子育て支援の意識について〉(図6)

子育てをする人にとっての地域の支えの重要性を聞いたところ、約9割(「とても重要だと思う」と「やや重要だと思う」の計)が『重要だと思う』と回答している。

男女とも60代・70代で「とても重要だと思う」(男性60代59.6%、70代60.7%、女性60代63.8%、70代62.6%)と積極的に評価する回答者が多い。

〈公共の場での子ども連れの親への手助けについて〉(図7、図8)

街中や電車・バスなどの公共の場で、ベビーカーや子ども連れの親が困っている場合、手助けをしたり、話しかけたり「すると思う」回答者は、92.1%で多数を占めている。

実際に行った行動では、全体でみると、「ドアをあけて、押さえておく」68.5%が最も多く、次いで「席をゆずる」65.8%、「エレベーターで、先をゆずる」61.0%の順となっている。また、「席をゆずる」と「階段などで荷物やベビーカーを代わり(一緒)に持つ」は、男性40~50代で同世代の女性より、多くあげられている。

(注):「家族と地域における子育てに関する意識調査」について

全国の20歳~79歳の男女3,000人を対象に調査員による個別面接聴取により意識調査を実施。有効回収数1,639人(2013(平成25)年10月4日~11月4日)。

詳細は、内閣府ホームページを参照。

図1 大切と思う人間関係やつながり〈複数回答〉(全体・性別)

図2 若い世代で未婚・晩婚が増えている理由〈複数回答〉(全体・性別)

図3 今後、子どもを持つ場合の条件〈複数回答〉(20歳~49歳有配偶者、全体・性別)

図4 理想の家族の住まい方〈単一回答〉(全体・性別)

図5 祖父母の育児や家事の手助け〈単一回答〉(全体・性別)

図6 子育てをする人にとっての地域の支えの重要性〈単一回答〉(全体、性・年代別)

図7 公共の場での子ども連れの親への手助けや話しかけ〈単一回答〉(全体・性別)

図8 子ども連れの親に対して実際に行った行動〈複数回答〉(全体、性・年代別)

[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)