内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  白書  >  平成28年版 少子化社会対策白書(全体版<HTML形式>)  >  第2部 少子化社会対策の具体的実施状況(第2章 第1節 1)

少子化対策

第2部 少子化社会対策の具体的実施状況(第2章 第1節 1)

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2章 きめ細かな少子化対策の推進(第1節 1)

第1節 結婚、妊娠・出産、子育ての各段階に応じて支援する。(1)

1 結婚

ライフデザイン構築のための支援

結婚、妊娠・出産、子育て、仕事を含めた将来のライフデザインを希望どおり描けるようにするためには、その前提となる知識・情報を適切な時期に知ることが重要である。情報提供の一環として、地方公共団体の結婚・妊娠・出産・育児支援の取組の事例集作成、妊娠・出産に関する医学的・科学的に信頼できる情報の関連リンク集の作成等を行い、ホームページに掲載している。

「家族の日」「家族の週間」等を通じた理解促進

子供と子育てを応援する社会の実現のためには、多様な家庭や家族の形態があることを踏まえつつ、生命の大切さ、家庭の役割等について、国民一人ひとりに理解されることが必要である。

このような観点から、2007(平成19)年度より、11月の第3日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定めて、この期間を中心に地方公共団体、関係団体等と連携して、「生命を次代に伝え育んでいくことや、子育てを支える家族と地域の大切さ」を呼び掛けてきた。「家族の日」「家族の週間」ロゴマークの活用も通じて、子育て支援に関する社会全体での取組の推進や社会的機運の醸成を図っている。

「家族の日」には、地方公共団体等の協力を得て、家族や地域の大切さを呼び掛けるためのフォーラムを開催している。2015(平成27)年度は、「みんなで子育て応援」と題して、有識者によるパネルディスカッション等を実施したほか、関係省庁の施策や関係団体の取組を紹介するコーナーを設け、子供を大切にし、子育てを社会全体で支える意識の醸成を図った。

家族形成に関する調査・研究等

2015(平成27)年度において、内閣府は、「少子化社会に関する国際意識調査」を行った。この調査においては、日本、イギリス、フランス、スウェーデンの20歳~49歳の男女を対象に、結婚、出産、育児、社会的支援、生活に関する意識を、調査員による個別面接聴取法により調査・分析した。

コラム「少子化に関する国際意識調査について」参照)

第2-2-1図 「家族の日」「家族の週間」ロゴマーク

コラム 少子化に関する国際意識調査について

先進諸国において少子化は共通する問題であり、その背景にある要素や各国の少子化対策について比較分析し、我が国の特性を把握するために、5年ごとに国際意識調査を実施している。

2015(平成27)年度は、日本と、欧州3か国のフランス、スウェーデン、イギリスの20歳から49歳までの男女を対象に「交際」、「結婚」、「出産」、「育児」、「ワーク・ライフ・バランス」等に関する意識について調査を行った。

各国における2014(平成26)年の合計特殊出生率をみると、フランス(1.98)、スウェーデン(1.88)、イギリス(1.81)と、いずれも人口置換水準に近く、一方で日本は1.42にとどまっている。過去に少子化状態を経験した各国が、現在の出生率回復基調に至っていることから、今後の日本の少子化対策の参考としたい。

2010(平成22)年の国立社会保障・人口問題研究所「第14回出生動向基本調査(独身者調査)」によると、日本ではいずれは結婚しようと考える未婚者の割合は、男性86.3%、女性89.4%と依然として高い水準で推移している。一方、未婚率は男女ともに上昇しており、2010年の総務省「国勢調査」によると、年齢別未婚率は、男性では、25~29歳で71.8%、30~34歳で47.3%、女性で、25~29歳で60.3%、30~34歳で34.5%となっている。

○恋愛に関する考え方(図1)

恋愛に関する考えについて聞いたところ、日本では、「交際することで人生が豊かになる」(42.8%)が最も高く、「交際をすると相手との結婚を考える」(42.7%)もほぼ同率である。次いで「相手からアプローチがあれば考える」(34.9%)が続いている。

欧州各国の結果を比較すると、各国とも「交際することで人生が豊かになる」がフランス(61.3%)、スウェーデン(91.3%)、イギリス(44.0%)と最も高いが、特にスウェーデンでは9割以上となっている。また、日本は「気になる相手には自分から積極的にアプローチをする」(20.0%)より「相手からアプローチがあれば考える」(34.9%)が高く、受け身の姿勢が強い。

図1 恋愛に対する姿勢(複数回答)

○交際相手との出会いの機会(図2)

各国とも「友人に紹介を頼む」が最も高い。欧州各国では「婚活サイトなどのインターネットサイトやSNSを利用する」の割合が、フランス(24.5%)、スウェーデン(48.9%)、イギリス(30.3%)と高くなっているが、日本では7.0%にすぎない。

図2 交際相手とどのような出会いの機会があるとよいか(複数回答)

○結婚生活について不安に感じること(図3)

日本では「結婚生活にかかるお金」(37.3%)、「お互いの親の介護」(35.9%)、「お互いの親族との付き合い」(32.6%)の順となっている。

フランスでは「二人の相性」(41.4%)、イギリスでも「二人の相性」(34.4%)、スウェーデンでは「二人の間で起こる問題の解決」(35.4%)がそれぞれもっとも高く、日本の不安材料との違いがある。

図3 結婚生活について不安に感じること(複数回答)

○希望する子供数になるまで、子供を増やしたいか(図4)

日本では「希望する子供数になるまで子供を増やしたい」が46.5%と微増している。欧州各国は6割を超えている。

図4 希望する子供数になるまで子供を増やしたいか(欲しい子供の数よりも、実際の子供の数が少ない人)

○子育てをして良かったと思うこと(図5)

日本は「家庭が明るくなる」(72.9%)、「子育てを通じて自分も精神的に成長する」(62.7%)、「生活にはりあいができる」「子育てを通じて自分の視野が広がる」(いずれも52.8%)と続く。

欧州各国の結果は、「家庭が明るくなる」が最も高いのがフランス(67.3%)、イギリス(73.9%)で、スウェーデンは「子育てを通じて自分も精神的に成長する」が79.9%と最も高い。

図5 子育てをしていて、良かったと思うこと(複数回答)

○育児を担う者(図6)

小学校入学前の子供の育児における夫・妻の役割についての考えを聞いたところ、日本では「主に妻が行うが、夫も手伝う」が55.0%で過半数を占める。

各国の結果を比較すると、日本以外の国では「妻も夫も同じように行う」の割合が5割を超えており、スウェーデンは93.9%と特に高くなっている。

図6 育児における妻・夫の役割(就学前の子供の育児)(単一回答)

○女性の理想のライフコース(図7)

女性に育児と仕事との関係で、理想の生き方を聞いたところ、日本では「出産するが、子供の成長に応じて働き方を変えていく」が55.3%で最も高く、欧州各国もフランス(35.9%)、スウェーデン(60.2%)、イギリス(36.5%)と最も高い。

図7 育児と仕事との関係で、理想の生き方〈女性〉(単一回答)

[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)