内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  子ども・子育て本部  >  少子化対策  >  白書  >  平成29年版 少子化社会対策白書(全体版<HTML形式>)  >  第1部 少子化対策の現状(第2章 第3節 1)

少子化対策

第1部 少子化対策の現状(第2章 第3節 1)

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2章 少子化対策の取組(第3節 1)

第3節 働き方改革で切り拓く未来【特集】(1)

1 働き方改革実行計画の策定

「ニッポン一億総活躍プラン」(2016(平成28)年6月2日閣議決定)においては、一億総活躍社会の実現に向けた最大のチャレンジとして「働き方改革」が位置付けられ、今後の取組として、いわゆる36協定における時間外労働規制の在り方について再検討すること等とされている。これを受け、2016年9月、新たに働き方改革担当大臣が任命されるとともに、総理を議長とし、関係閣僚や労働界と産業界のトップ、有識者で構成される「働き方改革実現会議」が開催されることとなった。(第1-2-16図)

第1-2-16図 働き方改革をめぐる政府の動き

会議では、総理からの指示により、時間外労働の上限規制の在り方など長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現などによる非正規雇用の処遇改善、テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方、女性・若者が活躍しやすい環境整備、病気の治療、子育て・介護と仕事の両立等について討議を行い、2017(平成29)年3月に「働き方改革実行計画」(以下「実行計画」という。)が取りまとめられた。(第1-2-17図)

第1-2-17図 働き方改革実行計画(構成)

[目次]  [戻る]  [次へ]
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)