内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  薬物乱用対策  >  薬物乱用とは

薬物乱用とは

本来は、病気などの治療に使用する医薬品を医療目的以外で使用したり、医薬品でない薬物を不正に使用することを「薬物乱用」といいます。
たとえば、不眠症でないのに酩酊感を味わうために睡眠薬を飲んだり、シンナーを遊びや快楽を得るために使用することです。
このような目的で使用した場合、たとえ1回使用しただけでも、薬物乱用にあたります。

乱用される薬物とは

薬物の乱用とは・・・

薬物の乱用とは、医薬品を医療目的以外に使用すること、又は医療目的にない薬物を不正に使用することをいいます。
精神に影響を及ぼす物質の中で、習慣性があり、乱用され、又は乱用されるおそれのある薬物として、覚醒剤、大麻、MDMA、コカイン、ヘロイン、向精神薬、シンナー、医薬品医療機器法に規定する指定薬物等があり、これらの取扱いが法令により禁止又は制限されています。

薬物の種類と害悪

薬物を乱用すると

薬物乱用の恐ろしさは、何回も繰り返して使用したくなる「依存性」を持ってしまうこと。また、繰り返し使用しているうちに「耐性」を持ってしまうことです。そのような状態になると、自分の意思では薬物の使用をコントロールできなくなってしまい、身体と精神が蝕まれてしまうのです。

  • 1回の使用でも脳出血、心不全などで死に至ることがあります。
  • 大脳の神経細胞が侵され、脳の機能に異常をきたし、幻覚、妄想、錯乱などの精神障害が生じます。
  • 薬物をやめた後でも、ストレス、飲酒などがきっかけで精神障害が再び起きることがあります。薬物による害は一生続きます。
  • 視神経の異常や眼底出血を引き起こし、視力低下や失明を招きます。
  • 肺、胃、肝臓、腎臓などの各器官に深刻な悪影響を及ぼします。
  • 精神的・身体的に薬物に依存し、薬漬けの毎日となります。
  • 懲役刑を科されるなど、法律で厳しく罰せられます。

薬物依存症

薬物依存症は国際的に認められている精神障害のひとつです。覚醒剤・シンナー・大麻などの依存性のある薬物を使い続けているうちに心身に異変が生じ、薬物を使いたいという気持ちが(渇望)が強くなりすぎて、自分ではコントロールできなくなり、現実にいろいろと不都合が生じているにもかかわらず薬物を使い続けてしまう障害です。

危険ドラッグ等、新たな乱用薬物が蔓延しています!

最近は、「合法ハーブ」「アロマ」「お香」などと称して販売される薬物が店舗、インターネットで販売されており、使用した人が嘔吐、けいれん、呼吸困難、意識障害等の健康被害を起こしたり、死亡するケースも発生しています。これらの薬物は、「合法」「脱法」等と称して販売されていますが、規制薬物以上の依存性・毒性を有する成分を含んでいるものもあり、大変危険なものです。使用したことによる事故や事件も発生しています。また、これらの薬物の乱用は、覚醒剤や大麻などの乱用へつながる可能性が高いことが懸念されています。

危険ドラッグの中には、実際は麻薬等の規制薬物が含まれているものもあります。合法、脱法などと称して販売されているからといって「違法ではない」「危険ではない」ということでは決してありません。販売側の作り上げる誤ったイメージに騙されないようにしましょう。

依然として若者を中心に大麻が乱用されています

大麻事犯の検挙人員は、平成21年以降減少傾向にありましたが、平成26年中の大麻事犯の検挙人員は、5年ぶりに増加に転じています。

大麻事犯の検挙人員の約4割が30歳未満の若者であり、依然として若者を中心に乱用されている状況にあります。大麻を乱用すると記憶や学習能力、知覚を変化させ、乱用を続けると、何もやる気のない状態になる無動機症候群や幻覚・妄想等の症状が出る大麻精神病等を引き起こします。

薬物乱用者の手記

家族の相談が回復のチャンスを作ります

家族の相談がきっかけになって、最終的には薬物依存症者ご本人が回復するチャンスを手に入れることができた事例と家族の生の声を紹介したいと思います。

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)