内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  日系定住外国人施策  >  もっと詳しく  >  定住外国人施策ポータルサイト掲載におけるやさしい日本語の活用に関するPlain English(平明な英語)についての調査

定住外国人施策ポータルサイト掲載におけるやさしい日本語の活用に関するPlain English(平明な英語)についての調査

HTML形式|PDF形式

第1部 調査の概要

  1. 件名
  2. 調査の目的
  3. 契約期間
  4. 調査の内容

    (1)対象国

    (2)調査項目

  5. 外部有識者

第2部 調査の結果

1 平易記載法への取組状況について

(1)米国における平易記載法が成立するまでの背景

ア 歴史的経緯

(2)実際の省庁における発信事例の収集(通例の行政文書)

ア 平易記載に関する主な連邦法

(ア)2010年平易記載法

(イ)大統領令13563

イ 平易記載に関する主な州法

(ア)ニューヨーク州:ニューヨーク平易英語法

(イ)コネチカット州:平易言語法

(ウ)フロリダ州:保険平易記載契約法

(エ)ミネソタ州:文章における平易言語に関する法

(オ)オレゴン州:公文書の読みやすさに関する法

(カ)カリフォルニア州:障害者保険詐欺防止法

ウ 連邦及び州、地方政府による発信事例

(ア)集団訴訟通知の改定:連邦司法センター

(イ)癌治療臨床試験のためのインフォ―ムド・コンセント

(ウ)カリフォルニア州の民事裁判における陪審員への説明書

(エ)ペンシルバニア州の平易言語消費者契約法

(オ)テキサス州の金融契約書

(カ)ニューヨーク州ニューヨーク市:倫理:NY市職員の利害の対立に関する法の平易言語による手引き書

(3)プレインイングリッシュを発信するための取組

ア 連邦政府による取組

(ア)市民権及び移民サービス局

(イ)低所得及び高齢者医療保険サービスセンター

(ウ)連邦航空局

(エ)連邦官報

(オ)食品医薬品局

(カ)国立衛生研究所

(キ)証券取引委員会

(ク)PLAINによる各種トレーニング

イ 州及び地方政府による取組

(ア)ワシントン州

(イ)カリフォルニア州ロサンゼルス郡

(ウ)ニューヨーク州ニューヨーク市

2 災害時等の緊急時や外国人を想定した観光案内等におけるプレインイングリッシュの活用

(1)連邦政府:連邦緊急管理機関における救助業務用通信コードの平易言語化

(2)地方政府:カリフォルニア州ロサンゼルス郡

ア 災害関連配布物、展示物でのプレインイングリッシュの活用

イ 英語が母国語でない市民(LEP)のための配布物

ウ 緊急災害現場におけるプレインイングリッシュの使用

エ ロサンゼルス郡災害対策市民プログラム

(ア)全国災害対策月間

(イ)緊急時サバイバルプログラム

(ウ)Specific Needs Awareness Planning (SNAP)

3 70年代から現在までのプレインイングリッシュの普及に際しての課題

4 日本における取組との比較

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)