内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  内閣府の政策  >  共生社会政策トップ  >  子ども・若者育成支援  >  もっと詳しく  >  青少年に関する調査研究等  >  若者の生活に関する調査報告書 (PDF版)

若者の生活に関する調査報告書 (PDF版)平成28年9月 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)

表紙・目次(PDF形式:12KB)別ウインドウで開きます

I 調査の概要(PDF形式:369KB)別ウインドウで開きます

  1. 調査目的
  2. 調査項目
  3. 調査対象
  4. 調査時期
  5. 調査方法
  6. 調査実施機関
  7. 標本抽出方法
  8. 回収結果
  9. 性・年齢別回収結果
  10. 本報告書を読む際の留意点
  11. 対象者の属性(本人票)

II 定義(PDF形式:80KB)別ウインドウで開きます

  1. 広義のひきこもり群(本人票)
  2. 親和群(本人票)
  3. 一般群(本人票)
  4. 過去に広義のひきこもりであったと思われる人の群(本人票)

III 調査の結果(PDF形式:538KB)別ウインドウで開きます

  1. 性別(本人票)
  2. 年齢(本人票)
  3. 同居家族(本人票)
  4. 同居人数(本人票)
  5. 主生計者(本人票)
  6. 暮らし向き(本人票)
  7. 地域の状況(本人票)
  8. 通院・入院経験のある病気(本人票)
  9. 通学状況(本人票)
  10. 卒業・在学中の学校(本人票)
  11. 小中学校時代の学校での経験(本人票)
  12. 小中学校時代の家庭での経験(本人票)
  13. 現在の就業状況(本人票)
  14. 働いた経験(本人票)
  15. 就職又は進学希望(本人票)
  16. 就職活動(本人票)
  17. 職業に関する考え方(本人票) 
  18. ふだん自宅でよくしていること(本人票)
  19. 通信手段でふだん利用しているもの(本人票)
  20. ふだんの外出頻度(本人票)
  21. ひきこもりの状態になった年齢(本人票)
  22. ひきこもりの状態になってからの期間(本人票)
  23. ひきこもりの状態になったきっかけ(本人票)
  24. ひきこもりの状態について、関係機関に相談したいか(本人票)
  25. ひきこもりの状態をどのような機関なら相談したいか(本人票)
  26. 相談したくない理由(本人票)
  27. 関係機関に相談した経験(本人票)
  28. 相談した機関(本人票)
  29. 相談した結果(本人票)
  30. 過去の外出頻度(本人票)
  31. 過去にひきこもりの状態になった年齢(本人票)
  32. 過去にひきこもりの状態だった期間(本人票)
  33. 過去にひきこもりの状態になったきっかけ(本人票)
  34. ひきこもりの状態ではなくなったきっかけや役立ったこと(本人票)
  35. 自身にあてはまること(本人票)
  36. 不安要素についてあてはまること(本人票)
  37. ふだんの生活態度(本人票)
  38. 家庭の状況(本人票)
  39. 悩みを誰かに相談したいか(本人票)
  40. 悩みを相談する相手(本人票) 

IV 集計表(PDF形式:273KB)別ウインドウで開きます

V 調査票(PDF形式:491KB)別ウインドウで開きます

VI 参考資料(PDF形式:339KB)別ウインドウで開きます

VII 若者の生活に関する調査企画分析会議構成員名簿(PDF形式:64KB)別ウインドウで開きます

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)