本編目次 | 前ページ | 次ページ

第2部 調査の結果


第1章 家庭関係

4 ふだんの食生活で心がけていること

(1)ふだんの食生活で心がけていること

Q27 [提示カード27]あなたが,ふだんの食生活で心がけていることを,この中からいくつでも選んでください。(○はいくつでも)

  1. 栄養バランスのとれた食事をする
  2. 家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る
  3. 朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする
  4. マナーに気を配った食事をする
  5. 自分で料理をつくる
  6. その他(具体的に)
  7. わからない
  8. 無回答

 日本の青年についてみると,ふだんの食生活で心がけていることは,「家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る」が43.8%で最も高く,以下「栄養バランスのとれた食事をする」(39.9%),「朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする」(31.7%)の順となっている。

 5か国比較でみると,日本と同様に韓国とアメリカでも「家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る」(韓国46.8%,アメリカ47.5%)と回答した者の割合が最も高く,韓国では,以下「朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする」(33.0%),「栄養バランスのとれた食事をする」(25.0%)の順となっている。
 一方,アメリカでは,以下「栄養バランスのとれた食事をする」(41.7%),「朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする」(28.7%),「自分で料理をつくる」(28.5%)の順となっている。
 イギリスでは,「栄養バランスのとれた食事をする」(44.1%),「家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る」(38.5%),「自分で料理をつくる」(29.8%),「朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする」(26.1%)の順となっている。
 フランスでは,「自分で料理をつくる」(32.4%)と「朝,昼,夕,欠かさず,ほぼ決まった時間に食事をする」(31.9%)と回答した者の割合が3割台でほぼ同率となっており,以下「栄養バランスのとれた食事をする」(27.0%),「家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る」(23.6%),「マナーに気を配った食事をする」(23.3%)の順となっている。

図表1−4−1−1 ふだんの食生活で心がけていること(CSVファイル)
図表1−4−1−1 ふだんの食生活で心がけていること

 日本の青年について男女別にみると,「家族や友人と一緒の食事を楽しみコミュニケーションを図る」(男性38.7%,女性48.7%)と「栄養バランスのとれた食事をする」(同36.6%,43.1%),「自分で料理をつくる」(同11.9%,20.7%)と回答した者の割合は,男性より女性が高くなっている。

図表1−4−1−2 ふだんの食生活で心がけていること(男女別)(CSVファイル)
図表1−4−1−2 ふだんの食生活で心がけていること(男女別)

このページの上へ

本編目次 | 前ページ | 次ページ


青少年トップ青少年に関する調査研究等 > 第8回 世界青年意識調査(HTML)