内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流  >  事業事後活動<国内>

青年国際交流事業事後活動<国内>

  1. 青少年国際交流事業事後活動推進大会
  2. 青少年国際交流を考える集い(ブロック大会)
  3. 都道府県青年国際交流機構の特色ある活動

青少年国際交流事業事後活動推進大会

 内閣府、地方公共団体等の行う青少年国際交流事業の既参加青年が集まり、地域における事後活動の推進状況を報告するとともに、全国的な事後活動を更に充実させるための方策について積極的に意見交換を行い、既参加青年相互の交流と研さんを図り、今後の国際交流活動及び地域社会における諸活動の推進に貢献するとともに、国際交流活動を一般の方にも紹介していくことを目的として実施。

(平成26年11月22日~23日-北海道)

大会テーマ:「共生のフロンティア北海道~次世代につなごう道産子スピリッツ~」

 グローバル化が進む現代では、国際的関係はもちろんのこと国内的にも様々な関係が多種多様になっています。これらに対応していくためには、個人としても、他を受け入れ、互いの良いところを取り入れ合っていく柔軟な精神が求められている。

 本大会の開催地である北海道は、厳しい自然の中、異なる文化を持つ人々が共に助け合いながら発展させてきた開拓の歴史があり、ありのままの自然や他を受け入れる「共生の精神」が根付いているといえます。日本青年国際交流機構は「社会でリーダーシップを発揮できる人材」の育成を活動方針に掲げていますが、次世代をリードする青年たちにとって「共生の精神」を身につけることは重要であると考え、焦点をあてた。

 具体的には、地方文化や北海道民性に詳しく、地域振興にも尽力されている千石涼太郎氏(作家・エッセイスト)を基調講演者として招き、北海道文化の成り立ちや在り方について講演いただくことで、共生の精神の根幹にある北海道人の気質を紹介。また分科会では、北海道における人と自然、地域と海外、異なる文化間といった様々な共生の形を学ぶ場を提供。グローバル時代における「共生の精神」について参加者が新たな気づきを得るとともに、その精神を次世代にどうつないでいくかを考えた。

青少年国際交流を考える集い(ブロック大会)

 全国8つのブロックのうち、青少年国際交流事業事後活動推進大会を実施するブロックを除く7つのブロックにおいて、事後活動に関する情報交換や地域・職域の特色をいかした事後活動に関する意見交換を行うことにより、地域における既参加青年等のネットワークを強化し、国際交流活動や青少年育成活動を活性化させることを目的として実施。

ブロック大会テーマ
関東ブロック(茨城県)
平成26年6月28日~29日
「はばたけ若者、とびたて世界へ!」~再生の海で考える国際協力の視点から~
北信越ブロック(福井県)
平成26年9月20日~21日
幸福度日本一の福井から 届けよう世界へ
~地方の特性をいかした国際交流・社会貢献ができる人材育成を目指そう~
東海ブロック(岐阜県)
平成27年1月17日~18日
若者による地域づくり活動
~若女将、若旦那による若い力で岐阜を世界に売り込みます~
近畿ブロック(滋賀県)
平成26年10月18日~10月19日
グローバル社会に貢献できる生き方って何だろう?
~湖国(ここっ)から、みつめよし、つなげよし、ひろげよし!~
中国ブロック(広島県)
平成27年1月31日~2月1日
ローカルからのグローバル~地域の持つ国際力を学ぶ~
四国ブロック(香川県)
平成26年7月19日~20日
国際交流 セカンドステージとしての社会活動
~しおのえ発 健康な心身で活気ある地域づくりを考える~
九州ブロック(大分県)
平成26年12月13日~14日
“語ろう”地域の未来 “かたろう”地域の活動
~世界と地域の未来を大分で考える~

都道府県青年国際交流機構の特色ある活動

人材育成
 -長野県 English Cafe
 -三重県 留学生と行く伊勢神宮&神宮奉納花火ツアー

国際交流事業受入れの協力
 -鳥取県 「鳥取色」をいかした「東南アジア青年の船」事業地方プログラム受入れ
 -秋田県 日本・韓国青年親善交流事業地方プログラム受入れ
 -徳島県 国際青年育成交流事業地方プログラム受入れ
 -和歌山県 日本・オーストリア青年交流事業 招へいプログラム(AJプロジェクト)

独自の活動(自主事業)
 -福島県 夢企画~福島・タイ交流プログラム スタディツアー

国際協力活動
 -東京都 いろんなボランティアセミナー

広報活動
 -京都府 三大学における内閣府青年国際交流事業説明会

内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)