内閣府 Cabinet Office, Government of Japan

内閣府ホーム  >  共生社会政策トップ  >  青年国際交流  >  調査研究

調査研究

 内閣府では、それぞれの事業について、国際情勢など周辺環境の変化や必要とされる青年リーダー像の変遷に合わせて、必要な見直しを随時行っています。こうした見直しを踏まえるとともに、今後の事業のあり方についての検討に資するため、過去の内閣府青年国際交流事業の参加青年等に対しアンケート等の調査研究を実施しています。

  1. 青年国際交流事業の効果測定・評価に関する調査研究
  2. 内閣府青年国際交流事業 既参加日本青年フォローアップ調査報告書

青年国際交流事業の効果測定・評価に関する調査研究

調査1 内閣府事業参加者アンケート調査

  • (1)調査対象

    下記、内閣府青年国際交流事業参加者(3,022人)

    事業名 参加年 参加回 対象(件)
    グローバルリーダー育成事業平成25年 84
    「世界青年の船」事業平成6年~平成24年第7~25回1,671
    「東南アジア青年の船」事業平成6年~平成25年第21~40回581
    国際青年育成交流事業平成6年~平成25年第1~20回686
    合計3,022
  • (2)調査方法
    • 日本青年国際交流機構から提供される参加者名簿をもとに、調査対象に該当する内閣府青年国際交流事業参加者全員に対して、封書で調査の実施について案内し、協力を依頼。
    • 封書中の書面に記載されたWEBアンケートURL画面にアクセスしてもらい、調査に回答
    • 回収数確保のために、6月11日(水)及び6月16日(月)に督促葉書(御協力のお礼と御回答のお願い)を送付
    • 日本青年国際交流機構の御協力により、6月6日(金)、6月13日(金)に参加者メーリングリストにより回答のお願いを実施。
  • (3)調査時期

    2014年5月30日(金)~6月30日(月)

  • (4)回収結果
    配布数 有効回収数 有効回収率 返却数(宛先不明)
    3,022件1,075件35.6%135件

調査2 モニターアンケート調査(内閣府事業以外国際交流事業参加者、国際交流事業未経験者)

  • (1)調査対象・回収数
    割付 年齢 回収数(件)
    内閣府以外国際交流事業参加者※23~29歳150
    内閣府以外国際交流事業参加者※30~45歳250
    国際交流事業未経験者23~29歳150
    国際交流事業未経験者30~45歳250
    合計800

    ※内閣府以外国際交流事業参加者とは、「18歳から30歳までの時期において、2週間以上2カ月以下の国際交流に関わる経験(海外を訪問して外国人とディスカッションする機会があるもの)(学校からの修学旅行や研修旅行、個人留学・ホームステイは除く)」を有する者。

  • (2)調査方法
    • WEBモニターから条件に基づいて対象者のスクリーニングを行い、該当者に対してWEBアンケート調査を実施
  • (3)調査時期

    2014年6月3日(火)~6月9日(月)

報告書

表紙・目次(PDF形式:36KB)別ウインドウで開きます
I 調査の概要(PDF形式:143KB)別ウインドウで開きます
II 調査結果のまとめ 1/2(PDF形式:494KB)別ウインドウで開きます2/2(PDF形式:318KB)別ウインドウで開きます
III アンケート調査結果
  1. 回答者の状況(PDF形式:80KB)別ウインドウで開きます
  2. 内閣府国際交流事業への参加状況(PDF形式:172KB)別ウインドウで開きます
  3. 内閣府以外の国際交流事業への参加の状況(PDF形式:143KB)別ウインドウで開きます
  4. 国際交流事業への参加に際しての経験と人生・キャリア等への影響

    1/7(PDF形式:463KB)別ウインドウで開きます2/7(PDF形式:341KB)別ウインドウで開きます3/7(PDF形式:306KB)別ウインドウで開きます4/7(PDF形式:468KB)別ウインドウで開きます
    5/7(PDF形式:344KB)別ウインドウで開きます6/7(PDF形式:305KB)別ウインドウで開きます7/7(PDF形式:412KB)別ウインドウで開きます

  5. 事業参加後の事後活動の状況(PDF形式:280KB)別ウインドウで開きます
  6. 社会貢献活動やキャリアの状況

    1/3(PDF形式:397KB)別ウインドウで開きます2/3(PDF形式:424KB)別ウインドウで開きます3/3(PDF形式:335KB)別ウインドウで開きます

  7. スキルの保有・開発の状況

    1/3(PDF形式:336KB)別ウインドウで開きます2/3(PDF形式:377KB)別ウインドウで開きます3/3(PDF形式:484KB)別ウインドウで開きます

IV ヒアリング調査結果(PDF形式:149KB)別ウインドウで開きます
V 参考資料(PDF形式:143KB)別ウインドウで開きます

内閣府青年国際交流事業 既参加日本青年フォローアップ調査

調査1

  1. 調査の時期

    平成26年2月18日(火)~3月3日(月)

  2. 調査の対象者

    平成23、20、15年度 以下の青年国際交流事業 既参加日本青年

    • 国際青年育成交流事業
    • 日本・中国青年親善交流事業
    • 日本・韓国青年親善交流事業
    • 東南アジア青年の船事業
    • 世界青年の船事業
  3. 調査事項
    • (1)青年国際交流事業への参加による意識の変化
    • (2)青年国際交流事業の成果
    • (3)成果の社会への還元方法
    • (4)青年国際交流事業の在り方(プログラムの内容、構成等)
    • (5)事業終了後の既参加青年のネットワークへの参加の程度
  4. 調査の方法
    • (1)質問票の発信 平成26年2月18日(火)
    • (2)回収締め切り 平成26年3月4日(火)
  5. 回収結果
    対象者 配布数 有効回収数 有効回収率
    775件610件276件45%

    ※平成23、20、15年度の青年国際交流事業既参加日本青年 775人のうち、メールアドレスが分かる 610人(国際青年育成交流事業、日本・中国青年親善交流事業、日本・韓国青年親善交流事業、東南アジア青年の船事業、世界青年の船事業)に配布

調査2

  1. 調査の時期

    平成26年2月21日(金)~3月3日(月)

  2. 調査の対象者

    平成20~24年度 青年社会活動コアリーダー育成プログラム 既参加日本青年

  3. 調査事項
    • (1)青年国際交流事業への参加による意識の変化
    • (2)青年国際交流事業の成果
    • (3)成果の社会への還元方法
    • (4)青年国際交流事業の在り方(プログラムの内容、構成等)
    • (5)事業終了後の既参加青年のネットワークへの参加の程度
  4. 調査の方法
    • (1)質問票の発信 平成26年2月21日(金)
    • (2)回収締め切り 平成26年3月4日(火)
  5. 回収結果
    対象者 配布数 有効回収数 有効回収率
    116件93件46件49%

    ※平成20~24年度の「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」既参加日本青年 116人のうち、メールアドレスが分かる 93人に配布

報告書1

表紙・目次(PDF形式:258KB)別ウインドウで開きます
第1 調査の概要(PDF形式:260KB)別ウインドウで開きます
第2 回答者の特性(PDF形式:407KB)別ウインドウで開きます
第3 調査結果の概要
第4 付録

報告書2

表紙・目次(PDF形式:133KB)別ウインドウで開きます
第1 調査の概要(PDF形式:134KB)別ウインドウで開きます
第2 回答者の特性(PDF形式:114KB)別ウインドウで開きます
第3 調査結果の概要
第4 付録
内閣府 Cabinet Office, Government of Japan〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1
電話番号 03-5253-2111(大代表)