-
青少年育成 サイトマップ
-

青少年トップ青少年行政の総合的推進自立支援方策に関する検討会第8回議事次第 > 資料

-

資料2

英国のコネクションズ・サービスの概要


I 設置の背景、目的


II 組織(別紙参照)

【国レベル】

 コネクションズ・サービス・ナショナル・ユニット(CSNU)(教育雇用技能省内)

【地方レベル】

 コネクションズ・パートナーシップ

 構成員:自治体、学校、警察等の公的機関や、LSCの責任者、職業紹介・訓練等の民間企業、ボランティア、NPO等
 役割:地域のニーズに応じた戦略計画策定、資金供給分配、サービスの質の監視
 範囲:全イングランド47の学習スキル協会(Learning and Skills Council)の管轄と同範囲

【地域レベル】

 地域運営委員会(Local Management Committees)

 構成員:コミュニティ・セクター、民間職業紹介・訓練会社、雇用者の代表、中等学校、若者等
 役割:地域のパートナーの統合、サービス提供の管理・手配
 範囲:教育委員会や社会福祉事務所等の範囲

 パーソナルアドバイザー(PA)

 役割 ・個々の若者をサポート
ネットワークを形成し、若者が直面する教育、職業選択、差別、いじめ、健康問題、家族関係の問題などあらゆる問題に対し包括的支援を提供
・社会福祉サービス、精神健康サービス、住宅サービス、ドラッグ予防サービスなどの専門組織と効果的に仲介
 背景 ・キャリアアドバイザー、ユースワーカー、社会福祉士、教員、コミュニティワーカー、ドラッグや青少年犯罪の分野等の多様な背景を持つ。
・多くは、パートナーシップから仕事を委託されたキャリアカンパニー(半公的機関や民間企業など様々な類型あり)から派遣される。


III 特徴

 (1) 分野横断的な取組


 (2) 13〜19歳のすべての若者が対象


 (3) パーソナルアドバイザー(PA)による個々の若者のサポート


 (4) 多様なサービス提供の手法


(出典)


コネクションズ・サービスの組織図


▲ このページの上へ

-

青少年トップ青少年行政の総合的推進自立支援方策に関する検討会第8回議事次第 > 資料