青少年育成(インターネット利用環境整備)

-

平成25年2月28日
内閣府

青少年のインターネット利用におけるフィルタリングの普及促進及び
適切な利用のための重点的な啓発活動の都道府県等への依頼について

本日、内閣府は、青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするため、都道府県及び政令指定都市に対して、青少年におけるフィルタリングの普及促進その他のインターネットの適切な利用を推進するため、春の卒業・入学・進級時期における重点的な啓発活動に取り組むよう依頼しました。

政府においては、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」(平成20年法律第79号。以下「法」という。)に基づき、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(第2次)」(平成24年7月6日子ども・若者育成支援推進本部決定)を決定し、学校、社会及び家庭における教育・啓発を推進するなど、青少年を取り巻くインターネット環境の整備をめぐる新たな課題に、地方公共団体及び民間団体等と連携して取り組んでおり、青少年のインターネット利用におけるフィルタリングの普及等について、一定の成果を上げております。

しかしながら、スマートフォンを始めとする新たなインターネット接続機器が急速に普及する一方で、新たなインターネット接続機器におけるフィルタリング等の仕組みを、保護者が必ずしも十分に認識していないのではないかと懸念されているところです。

こうした中、携帯電話等の購入や買換えが多く行われる春の卒業・入学・進級の時期を迎えることから、本日、内閣府は、都道府県及び政令指定都市に対し、別紙(PDF形式:107KB)別ウインドウで開きますのとおり、青少年におけるフィルタリングの普及促進その他のインターネットの適切な利用に関する重点的な教育啓発活動に取り組むよう依頼しました。

※フィルタリングとは、インターネット上のウェブサイト等を一定の基準に基づき選別し、青少年に有害な情報の閲覧できなくするプログラムやサービスをいいます。

内閣府は、引き続き、関係省庁、地方公共団体や民間団体等と連携し、青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備に取り組んでまいります。

【問い合わせ先】

内閣府政策統括官(共生社会政策担当) 付
参事官(青少年環境整備担当)付
本田、松本、桜井
TEL:03-3581-9279(直通)

▲ このページの上へ

-