原子力災害に備えて(屋内退避に係る広報チラシ)

原子力災害対策指針では、万が一、原子力発電所が全面緊急事態となった場合、UPZ(概ね5~30km圏)内の住民は屋内退避をすることとしています。今回、太郎くん・花子ちゃん家族の事例を通して、屋内退避の重要性や注意事項を分かりやすくまとめた広報チラシを作成しました。
※発電所から5Km以内の地域に住んでいる方は、予防的に避難することとなります。